2010年11月25日

嵐の相葉さん主演「バーテンダー」でカクテルの注目度はどうなる?

漫画の『Bartender』が嵐の相葉雅紀さんを主役にドラマ化されることが23日
に発表されました。銀座の有名バーで特訓しているそうですので、その成果に
も注目ですね。
さて今週は、ドラマの話のほかに注目のバーテンダー世界大会のお話を中心に
THE PLACEのメールマガジン157号をお届けします。

カクテルが注目されると、私たちには大変な追い風。来年5月13日からは正式
に「カクテルの日」が制定されるからというお話は、また来週に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.157 2010/11/25
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第37話 腐れ縁の後輩 ◆◇◆
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『バーテンダー世界大会開催「ディアジオ ワールドクラス 2011」』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『嵐の相葉ちゃん効果でバーテンダーとカクテルの注目度はどうなる?』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第37話 腐れ縁の後輩 ◆◇◆
===============================

 山本には何人かの「腐れ縁」とも言うべき仲間がいます。彼らは揃って先輩
を敬わない悪い後輩でしたが、物語の要所に転機を持って表われました。

 厨房ひとり、サービスひとりで店を切り盛りする日々は数ヶ月に及びました。
御茶ノ水からイタリアに旅立ち、帰国後に銀座で勝負に出た後輩は、飲食店の
オーナーの視点で今もアドバイスをします。フルーツカクテルや本当の意味で
のミクソロジーという、山本とは境地を開きました。数年前、ソムリエとの出
会いを持って表われた別の後輩はその頃、飲食とは別の業界をマーケティング
する仕事に就いていました。

 三者三様に頻繁に連絡を取り合う間柄でした。店の今後をバーテンダー兼
マーケターとして助言していた後輩にその夜、山本は独り言のように言いまし
た。

 「長嶋。そんなに考えてるのなら、一緒にやってくれればいいじゃん」

 その時は聞き流した山本のひと言が、妙に刺さっていました。
                              (つづく)

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■バーテンダー世界大会開催『ディアジオ ワールドクラス 2011』
==============================

 世界有数の酒造メーカーでジョニーウォーカーやギネス、タンカレーなど数
々のブランドを保有するディアジオがバーテンダー世界大会「ワールドクラス」
を開催します。

 24カ国9000人を超える参加者で、高度な技術と知識、新しい発想とエンター
テイメント性などバーテンダーの総合力が問われるこの大会は、これまでのカ
クテルコンペティションとは異なる競技内容で注目されています。
 この2011年大会の日本予選第一次審査の募集が本日、開始されました。

 カクテルコンペ、出たかったですねー。総合大会でなくても、いわゆるクラ
シックのコンペでも、出てみたかったですねー。あの舞台には立ってみたい。

 今でもあきらめた訳ではありません。広報・長嶋も今年は一念発起。チャレ
ンジします。

http://www.kirin.co.jp/brands/wcjapan/index.html

 ちなみにその長嶋が8年前、バーテンダーではなかった時代にフレア・バー
テンダーの大会に一度だけ出場し、初出場ながらフレア引退試合にしたという
どうでもいい話の続きこそ、カウンターで本人がいない時にどうぞ。

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■嵐の相葉ちゃん効果でバーテンダーとカクテルの注目度はどうなる?
==============================

 「バーテンダー」という漫画をご存じですか?
 スーパージャンプで連載中の、城アラキ氏の原作、作画は長友健篩氏による
作品です。もう17巻まで出ており、18巻が近日発売だそうです。

 THE PLACE広報の長嶋が関わっている「カクテルの日 委員会」という、国内
のバーテンダー協会・団体が合同で5月13日を「カクテルの日」として制定し、
世の中にカクテルを広めようという動きがあります。数カ月前からその場で話
題になっていたのが、この漫画のドラマ化です。

 嵐の相葉雅紀さんを主役に繰り広げられるバーでの光景も楽しみですが、
ここはひとつ、ジャニーズという大きな影響力に乗っかって、カクテル文化が
広がってほしいと思います。
 実はその数カ月前から、銀座の有名バーで練習をしているそうですが、なか
なか良いシェーキングをしているそうです。楽しみですね。

 放送はテレビ朝日系、来年1月期の金曜午後11時15分から。

 金曜日?午後11時?

 視聴率調査に協力している人以外は録画でご覧ください。金曜の夜に家でテ
レビなんか見てないで、外で遊びましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

ヌーヴォー VS ハイボール

10年目に入った広尾のバー、THE PLACEです。

世の中には続々とハイボールの缶飲料が登場しています。今週はそんなお話と
今日解禁のボジョレー・ヌーヴォーに関する観察をしながら、THE PLACEの
メールマガジン156号をお届けします。

先日、ある方から「かち割り」という飲み物について簡単な取材を受けました。
居酒屋発信の飲み方も創意工夫があるのですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.156 2010/11/18
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】バーのひとりごと
    『続・好きな店が続々と潰れていく人に好かれたら』
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『ハイボール3品目の登場でコンビニ棚はどうなる?』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『ボジョレー・ヌーヴォー解禁で飲み手の熟成度合いが見える』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】バーのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇◆バーという空間がひとりつぶやく戯言集
===============================

 2010.11.13
 オープンの頃から来てくれているお客さんがバーテンダーに、
 9周年のお祝いメールを誰よりも先にくれたらしいよ。ありがとう。
 そして、その人がいうんだ。

 ─── このメルマガでも話題になりましたが、
 私たちがこよなく愛する店はどんどん潰れていくというジンクスがあり、
 心の片隅ではちょっと心配していたのは事実です。
 ですので10周年は万難排してお祝いに駆けつけたいと思います。

 9年続いたから大丈夫かな。でもあと360日もあるね。油断できないよね。

                        続きは、カウンターで

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■ハイボール3品目の登場でコンビニ棚はどうなる?
==============================

 キリンビールがハイボール缶の市場にバーボンで参入です。11月17日(水)か
ら、「I.W.ハーパー ハイボール」「フォアローゼズ ハイボール」の2品の
発売を開始しました。
 今月初めにアサヒビールが発売した『竹鶴ピュアモルトハイボール』に続き、
11月だけで3品目のハイボール缶の登場です。しかもこの3品は揃ってコンビ
ニエンスストア限定商品として投入されています。
 棚という限られたスペースを奪い合うコンビニで、この3品と先行商品がど
のように扱われるかにも注目したいところです。

 ウイスキーを製造している国内大手のウイスキーベースのハイボール飲料が
出揃いました。続いてどんな有名銘柄のハイボールが登場するでしょうか?

 「白州の『森香るハイボール』とショコラのセット」なんてのがバレンタイ
ン企画で出てきたとしても不思議ではなく・・・(妄想)。

DSC00653.JPG

http://www.kirin.co.jp/brands/brandhighball/index.html

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■ボジョレー・ヌーヴォー解禁で飲み手の熟成度合いが見える
==============================

 ボジョレー・ヌーヴォーの消費量は世の中の注目に比例して減っているよう
ですが、全般的に名より実をとる消費になっているようです。

 本日午前0時でヌーヴォーが解禁になりました。何年か前、少なくとも4〜
5年前は広尾のヴォノスやまざきでもお振る舞いに行列ができて、それなりに
盛り上がっていましたね。
 年々、ニュースでの扱いも少なくなっていますが、今年はさらに控えめなだ
けでなく、品質は色、香り、味ともバランスが取れているにもかかわらずネガ
ティブな要素もあります。

 「小売りと卸の温度差が鮮明」という見方もあります。販売に躍起なのが流
通業界。輸送コストが安く、廉価で販売できるペットボトル入りへの切り替え
や、500円のハーフボトル商品の投入など、「話のネタに飲んでおきたい」と
いう需要に応えようと躍起です。

 一方で冷静なのが酒類メーカーや輸入会社です。輸入量は平成16年をピーク
に、21年は半分の50万ケース。円高効果で値下げする会社もありますが、空輸
費用の増加を理由に価格は概ね据え置き。恒例だったカウントダウンイベント
なども、取りやめているそうです。

 「旬の時期が短い。在庫を抱えるリスクも高い」「単なる風物詩」「直輸入
の増加で酒類各社のうまみが減った」「特別扱いする時代ではない」など、
“関係者のコメント”とする記事が並びますが、こんなネガティブワードばか
り並べられたらメーカーの営業マンにとってはたまったものではありません。
私共も近年、ヌーヴォーを扱っていないので大きな事は言えませんが、ただで
さえ売りにくい時代、さらに売れなくなる馬鹿なコメントを関係者の誰がする
のでしょうかね。ハイボールの復権など、せっかくのお酒を飲む雰囲気に水を
差すのはやめてほしいもの。差すならソーダでお願いしたいものです。

 ただ、別の側面からみれば、1990年代のワインブームからヌーヴォーのピー
クを抜けて、日本のワイン市場も本当の意味で成熟期に入ったのではないでし
ょうか。“よく見える物”ならば高くても売れるということではなく、品質と
価格のバランスが良い物が選ばれるという点で、飲み手も熟成されたのかもし
れません。

 メーカー、酒販店の協力のもと、満足度の高いワインのリストアップを心が
けています。カクテルとともにワインも、ワインに併せたおつまみや料理も
高品質で揃えていますので、ぜひお楽しみくださいませ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

竹鶴12年のハイボールが缶飲料で

明後日14日が9周年記念日のバー、THE PLACEです。
当日は日曜日でお休みですが、前後でどうぞ10年目に向かう今後のTHE PLACE
でのひとときを楽しみにお運びください。

今週はバーテンダー協会の機関誌に載っている興味深い記事をご紹介。また、
スタッフ3人が見た、異なる時代の山の上ホテルの社長像をお伝えしながら、
メールマガジン155号をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.155 2010/11/11
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】バーとお酒にまつわるニュース2本
    『竹鶴12年のハイボールが缶飲料で登場!うまい』
    『APEC歓迎カクテル 横浜の52店舗で』
 【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『バーテンダーの会報誌「The Hotel Barmen」』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■竹鶴12年のハイボールが缶飲料で登場!うまい
==============================

 アサヒビールが11月2日(火)から発売したコンビニ限定商品『竹鶴ピュア
モルトハイボール』が話題です。
 ニッカウヰスキーの主力ブランド「ニッカ竹鶴ピュアモルト」をベースに使
用し、炭酸水で割った純粋なソーダ割りです。飲んでみましたが、これまでの
缶入りウイスキー飲料とは比較にならない旨みがあります。小ぶりのワイング
ラスなどに注いで、氷なしで楽しむと味わいを感じられるでしょう。
 黒を基調にしたマットな質感のデザインは、コンビニの棚でも存在感を放つ
でしょう。

 「12年以上熟成したモルトウイスキーを使用」「ニッカ竹鶴ピュアモルトを
ベースに」という表記から何を実際に使っているのか気になりますけど、純粋
に家飲みとして良質な缶飲料だと思いました。

 この「ニッカ竹鶴ピュアモルト」。2001年11月に発売されて10年目を迎えた
のですね。私どもTHE PLACEと同年同月生まれです。

20101020-1.jpg

http://www.nikka.com/products/taketsuru_hiball/


 ■APEC歓迎カクテル 横浜の52店舗で
==============================

 こちらもアサヒビールのプロモーションの一環ですが、APEC(アジア太平洋
経済協力)首脳会議の横浜開催を記念した「APEC歓迎カクテル」が、横浜市内
のバー52店舗で提供されているそうです。
 これは、APECの頭文字をとった4種類のカクテル「アプリコットクーラー」
「ピーチスカッシュ」「エスプレッソテキーラ」「チャーリーチャップリン」
を各店でオンメニューするものです。

 横浜市が主催する「APEC横浜開催記念キャンペーン」の一環として、アサヒ
ビールが企画に横浜の数々のバーが参加しました。横浜は今年、バー誕生150
周年にあたりますが、こうした活動の時の団結力にはいつも感心します。

 APEC歓迎カクテルの提供は、11月14日まで。日本のバーは、1860年2月24日
に、横浜市中区山下町70番地(現在のレストラン「かおり」)に開業した
「横浜ホテル」内に、プール・バーができたのが最初と言われています。

http://www.asahibeer.co.jp/area/04/14/apec_cocktail/


___________________________________

【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■バーテンダーの会報誌「The Hotel Barmen」
==============================

 「どうぞ私たちを追い越していってください」。

 心の余裕と自身、誇り高い人だからこそ発する言葉のように聞こえます。
今週は、バーテンダーの会報誌の記事をご紹介しましょう。日本ホテルバーメ
ンズ協会(HBA)の会員誌「The Hotel Barmen 137号」の巻頭インタビューに
応じるのは、同会名誉顧問で第1回HBAカクテルコンペティション優勝者の
吉田貢(みつぎ)氏。2008年春のNTTドコモのテレビCM「社会人のはじまり
篇」でジンフィズを供する姿を覚えている方もいらっしゃるでしょう。

 接収されていた頃の東京會舘で始まった、本格的なバーテンダー人生です。
記事では「仕事は盗むもの」として腕を磨いた若手時代を語る一方で、教えな
ければ覚えない現代における、「教える側の責任」にも触れています。シェー
キング論や「スマイル」の役割、「お客さまの口をとらえる」と言い表わす
バーテンダー技術の仕上げなど、長いキャリアに基づいたバーテンダー観だけ
ではなく、時代の変化を受け入れた上で、今の時代、私たちの世代に求める姿
が論じられています。

 バー好きならばバーマンでなくても興味深く読める記事です。ご興味ありま
したら、カウンターでお気軽にお声がけください。


 週明けから10年目の歩みを始めるTHE PLACE。半世紀以上バーテンダーでい
る吉田さんと比べればまだまだ浅い歴史ですが、来年の今頃、10周年を笑って
迎えられるように、これからも磨き続けてまいります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

シングルモルトのテイスティング

THE PLACEは11月14日で9周年を迎えます。メールマガジンも4年目。今週も
154号をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.154 2010/11/4
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】バーのひとりごと 『好きな店が続々と潰れていく人に好かれたら』
 【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『勝つことにこそ意義がある、カクテルコンペティション』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】バーのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇◆バーという空間がひとりつぶやく戯言集。
     バーテンダーの独り言とは、また少し違います
===============================

 2010.11.02
 「気に入った店が次々と潰れていっちゃうんだよ」っていう人がたまに
 いるけど、これほど恐ろしいことってないよね。
 実際、賑やかで繁盛しているよりも静かな店が好きって人は多いから、
 気に入った店が長く続かないのも分かる気がするね。

 だけど、こんなこと話したそばから、
 「この店も好きだよ」なんて言われたら・・・

 想像したくもないよね。
                        続きは、カウンターで

___________________________________

【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■勝つことにこそ意義がある、カクテルコンペティション
==============================

 カクテルコンテスト、コンペティション(以下、コンペ)をご覧になったこ
とはありますか?

 先週ご紹介したサントリーの「ザ・カクテルアワード」の舞台袖で聞いた、
勝つ事だけを期待された人たちの話を今週はご紹介しましょう。

 コンペとは文字通り、バーテンダーのカクテルづくり競技会です。会場の8
割近くを同業者か酒類業界関係者が占める、昔から変わらない異様な光景も見
物ですが、選手の背景も知っていると、より楽しめます。

 出場選手の中で抜群の実績と存在感を持っていたのが、高野勝矢さん。かつ
て日本ホテルバーメンズ協会の大会で日本一を勝ち取り、国土交通大臣賞を受
賞した京王プラザホテルのバーテンダーです。優勝したのは今から10年前です
から、これまでのバーテンダーならコンペの第一線からは退き、店舗責任者な
どに出世され、カウンターからも遠ざかっているのが普通です。

 ご多分に漏れず高野さんも、今では最上階のバー「ポールスター」の店長に
なり、カウンターからは離れ気味です。にもかかわらず、今年に入っても世界
大会に日本代表として出場する精力的な動きを見せています。しかも、京王プ
ラザといえば、バー業界きっての常勝軍団です。若手もどんどん活躍している
中で、高野さんのような表舞台に上がり続けています。
 昔と違って自然体で臨んでいるように見えましたが、大会後に話を聞くと
様子は変わりませんでした。

「この結果発表さえなければいいのにねー」

 常に優勝、グランプリを期待されているプレッシャーは今でも大きいと言い
ます。優秀賞や部門1位という結果では満足してもらえない環境。まるでオリ
ンピックにおける日本柔道のようです。常勝軍団を代表して出るという責任と、
頂点だけを期待される伝統は変わらないようです。レベルの高い演技を見せる
集団の進化の背景を垣間見ました。

 コンペの世界では誰もが知る存在。変わらない“七三”の頭の中には今でも
「参加することに意義がある」などという悠長さは皆無で、栄光から10年経っ
た今でも勝つこととご自身の進化を求める姿勢が見られました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。