2010年12月23日

来年もストイックに遊びます

今年も1年、ご愛顧いただきありがとうございます。

いま発売中の日経ビジネスアソシエにウイスキーとバーを特集した小冊子が
付いていますね。THE PLACEは載っていませんが、今週は取材や掲載の
基準に関するお話を交えて、今年最後のメールマガジン161号をお届けします。

THE PLACEも例外なく、街場のバーは意外と、クリスマスの夜は静かです。
そして本日12月23日(木)は祝日ですが営業いたします。
THE PLACEの年内営業は29日(水)まで。30日(木)〜新年1月3日までをお休み
とさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.161 2010/12/23
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】バーのひとりごと
    『お客さんの主張』
 【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第40話 当たらない企画 ◆◇◆
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『来年もストイックに遊びます』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】バーのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇◆バーという空間がひとりつぶやく戯言集
===============================

 2010.12.20

 お客さんがバーテンダーに言っているよ。
 
 「わたし特別扱いされるのだーい好き」

 さっぱりしていて、わかりやすくて、嫌味のない主張だよね。

                        続きは、カウンターで

___________________________________

【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第40話 当たらない企画 ◆◇◆
===============================

 山本と長嶋の体制となった2005年の4月以降、新しいテーマのもとで様々な
試みを繰り広げましたが、今にしてみれば的外れなものも少なくありません。

 ハイボールが流行する5年前「やっぱり水割りは美味しい」とシングルモル
トの飲み方や銘柄による飲み比べを勧めた時代があります。
 季節は夏。熱い時期に、茶色い酒が売れるわけもありません。後にモヒート
や温かい紅茶のカクテルなどのヒットが生まれるわけですが、散々なスタート
がすべての始まりでした。
                              (つづく)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■来年もストイックに遊びます
==============================

 雑誌の特集などで、どのような趣旨でお店が選ばれているのかはいつも興味
があります。
 冒頭のお知らせのとおり、今週の「日経ビジネスアソシエ」でウイスキーと
バーの特集冊子が付いており、顔見知りのお店がいくつも載っています。

 以前、東京のあらゆるバーを紹介する本が発売された後に、なぜTHE PLACE
も選んで頂いたのかをお聞きした事がありました。オーソドックスで正統派の
店を中心にした本でした。この時THE PLACEが選ばれた理由は、山本隆範とい
うバーテンダーがいるというありがたい理由でした。ただのダジャレおやじで
近くにいると分からないのですが、すごいじゃないですか。ウチのオヤジ。

 一方で「ストイックなバーを軸にしているのですが、そのほかにも幅がほし
いので」というコメントもありました。

 あれ?ストイックじゃないんだ。

 真剣さが足りないと言われているようで一瞬気になったのですが、考えてみ
るとシングルモルトなど何かに専門的ではないし「何をして遊びましょうか」
なんて連呼しながら、風変わりなことをしている自覚がありますね。確かに、
変わったお酒を追求し続けるストイックさは、この店にはないかもしれません。

 冒頭のウイスキー特集に戻ると、こうした商品が軸の特集では私たちの出番
はないようですね。それもTHE PLACEの在り方なのかと考える事がよくあります。
 一方で、真剣に遊び場づくりを考えているのもTHE PLACE。来年もまた、愉し
みあふれる時間と空間をご用意して皆さんをお迎えしたいと思います。

 今年も残り1週間ほどになりました。よいクリスマス、よい年末、よいお年
をお迎えください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

「かち割り」ってナンダ?

先月の今頃、日経レストランの方からある飲み方について教えていただきまし
た。居酒屋やカフェは、バーにはない創造性があります。
今週はその時のお話をメインに、THE PLACEが「お酒ではなくて遊び」
という方向性に目覚めた時のお話を交えながら、メールマガジン160号を
お届けします。

THE PLACEの年内営業は29日(水)まで。30日(木)〜新年1月3日までをお休み
とさせていただきます。
12月23日(木)は祝日ですが営業しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.160 2010/12/17
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第39話 “遊び”を売っていこう ◆◇◆
 【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『「かち割り」とは何ぞや?』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第39話 “遊び”を売っていこう ◆◇◆
===============================

 オープンの前、バーテンダー探しからこの店を知る長嶋にとっても、
THE PLACEは思い入れの深いバーでした。オープンから遅れること3年半、し
かしその間、長嶋もバーテンダー以外の様々な仕事で、思いがけず店を盛り立
てる準備ができていました。
 これは2005年の3月頃、山本と長嶋がした店の未来についての話です。

 ──何かの理由で、このバーからお酒がなくなったとして、それでもお客さ
んがやってきたら、私たちはどうやって満足してもらいましょうか。

 それ、どういうこと?

 ──例えば、大げさに言えば禁酒法。それから、大きな災害があったりして
バックバーの瓶がすべて割れたとか。私たちの武器がない、丸腰の状態ですね。

 あーそういうことか。やっぱり会話して、楽しんでいってもらうことかな。
心の癒しもあるけど、もっとポジティブに楽しむ感じかな。会話とか、空間と
か、時間とか。

 ──あえて抽象的にいうと。ひと言でいうと、

 遊んでいってもらえればいいと思うんだよね。遊び。
 そうだね。バーはお酒を提供しているわけだけど、大人の遊び場なんじゃな
いのかな。子供は砂場で遊び、大人は酒場で遊ぶ、なんちって。


 普段より少しだけシャープな駄洒落が出た頃には、「大人のバー遊び」を追
求するという向こう10年のコンセプトが固まっていました。酒抜きの話し合い
で生まれた、酒に頼らないバーの方向性が定まった瞬間でした。
                              (つづく)

___________________________________

【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■「かち割り」とは何ぞや?
==============================

 いろんなアイディアが生まれてくるのは飲料業界も同じで、あの手この手で
既存の商品を新しく見せる取り組みがなされています。今日は日経レストラン
の記者の方から教えていただいた「かち割り」のお話です。

「かちわり」と聞いて夏の甲子園を想像するあなたは結構おとなの世代ですが、
このかち割りは日本酒やワインに氷を入れて、ジョッキでグビグビといく飲み
方の提案です。
 この背景にもハイボール人気は見え隠れします。今年の記録的な猛暑も影響
があるでしょう。飲み物に爽快さが求められているのを、冬に入っても感じま
す。
 景気の悪さもありましょうか。1000円で効率的に酔う方法を極めるストイッ
クな飲み方「センベロ」。ワインや日本酒を「ジョッキでスッキリ爽快!」な
んて、これなら世界の山ちゃんならぬ広尾のタカちゃんも手羽先なしで大酔っ
払いでしょう。近年は『デンジャー(強い)モヒート』の類がよく売れています。
「酔わなきゃやってられないのかな?」なんて、笑い事ではなくなってきまし
た。
 一方でこのかち割り、特筆する美味さはないけれど「冷やして飲ませちゃお
う」という売り手の目論見も感じられます。この点はあまり好感が持てません。


「かち割り」を初めて知った私に、バーテンダーから見た次の「かち割り」を
求めるなんて記者の方も無茶ぶりが過ぎますが、面白がって考えました。
 昔、ホテルのラウンジでオレンジジュースやコーヒー、紅茶でアイス用の氷
を作っていたのを初めて見た時、得した気分になりましたね。ホット用に作っ
た余剰在庫を冷凍していたわけ、廃棄物の削減にもなっていました。
 例えばワインやサングリアでしたら、そのものも氷にしてしまうという手も
ありますね。薄まらない『価値割り』。血中アルコール濃度は濃くなるばかり
ですが。

 飲料ではなく、数種類のフルーツで氷を作ってかち割りにすれば、飲んでい
る間に味が変わっていくサングリアの出来上がりですね。おかわりは、氷を捨
てずに追加の氷とワインの“替え玉”で。ホッピーみたいですが。

 この夏、スペインのシェリー酒のトニック割りを注文したら「これ、美味し
いですよ」とシェリービネガーを少し加えてくれたお店がありました。酢ムリ
エさんの活躍は記憶に新しいところですが、いろんな「ちょい足し」材料を揃
えてチョイスしてもらうのも遊び感のある提供方法です。


 同じ業態ばかり見ていると、思考が固まってしまうものですね。「カシス
ウーロン」なる注文に目を丸くしたバーテンダーも少なくないでしょう。居酒
屋、カフェほか他業態の発想は、実に参考になります。
 そして元祖のかちわり。氷を砕いて確かあれ、金魚すくいの持ち帰り袋みた
いなものに入れて売っていましたね。ただの氷がお金になってしまうのですか
ら、何よりそれがアイディア商品だったと思えてきます。

 忘年会シーズンも今週と来週がピークのようです。「わいわいがやがや」
「グビグビじゃぶじゃぶ」の続きは、カウンターでしっとりとどうぞ。
THE PLACEは12月23日(祝)も営業いたします。年内は29日(水)まで。新年は
4日(火)から営業します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ハイボールの季節はいつなの?

今年も残り3週間となりました。徐々に夜の街並みがにぎやかになってきまし
たね。
さて今週は、冬ですがハイボールのお話。このメールマガジンでも以前にお伝
えしたスコッチウイスキーの味わい深いハイボールです。
この小冊子ができましたので併せてご案内しながら、THE PLACEのメールマガジ
ン159号をお届けします。

本来はこのメルマガは、毎週木曜日の発行です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.159 2010/12/10
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第38話 約束された接点 ◆◇◆
 【2】〔広尾書房〕バーテンダーが選ぶ本
    File 19 『-Johnnie Walker- Discover & Enjoy, Big Flavor Highball』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『Stride. Floating Highball』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第38話 約束された接点 ◆◇◆
===============================

 山本にとっては長嶋は新人時代から見ている後輩であり、いろんな事をそつ
なくこなす便利な存在。長嶋にとっては当時から親分であり兄貴であり、絶対
的な鋭い光を感じる存在でした。
 不思議な縁。過去に山本と長嶋が共に働いたのは、御茶ノ水のホテルでのわ
ずか1年弱でした。広尾でカウンターからの同じ眺めを共有するまでに、6年
を別の場所で過ごしました。しかし山本が広尾のバーに立つきっかけ、半ば強
引なセッティング、ソムリエ木村克己との間にも長嶋がいました。最初から約
束されていた接点なのかもしれません。

 そして2005年の春が来る前、山本の「一緒に」というひと言に引かれるよう
に、長嶋もバーの世界に引き戻されていきます。この店を語る上でのキーワー
ドになる「遊び」という言葉が生まれたのもこの時期でした。
                              (つづく)

___________________________________

【2】〔広尾書房〕バーテンダーが選ぶ本
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■File 19 『-Johnnie Walker- Discover & Enjoy, Big Flavor Highball』
===============================

 スコッチのブレンデッド・ウイスキー「ジョニー・ウォーカー」を販売する
キリン・ディアジオ社が、各地各店のこだわりハイボールを紹介する小冊子
“ジョニーウォーカーのハイボール・ブック”を発行しました。
 店の選択も銀座やオーセンティックバーに固まることのない、雑誌のバー特
集とはひと味違う面白みがあります。写真はお店で個々に撮影したものを集め
たので、テイストやクオリティに差があるのはご愛敬。洋書のようなタイトル
ですが、日本語です。ご安心ください。
 非売品です。THE PLACEのカウンターでは先着50部でお分けしていますので、
お早めにどうぞ。

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■Stride. Floating Highball
==============================

 世の中の「とりあえず」はビールとハイボールが、そして第3のビールとハ
イボールが競合するというのだから、ハイボールは本当に根付きましたね。

 角瓶は「小雪さんのCMが良かった」というのは表面上のお話。地道な営業
戦略があったと各所で見聞きします。その涙ぐましい背景を知っても知らずと
も、ヒットをすればみんなが参入するわけです。

 「そうだ!ソーダで割ろう」「・・・・・・」

という上司と部下の会話はなかったと思いますが、各社こぞってハイボールと
連呼したおかげで消費者はどんどん角瓶を連想するという構図ができた今年の
夏。先の記事でご紹介の通りスコッチのメジャーブランドもハイボールブック
が発行しました。

 せっかくだから、そのブランドが映える一杯に仕立てなければなりません。
そこでTHE PLACEはというと、炭酸にウイスキーを浮かべたフロート式の一杯を
お勧めしました。氷も1つだけで、氷とウイスキーがたゆたう様子にこのお酒
のシンボルを冠した「Stride. Floating Highball」です。ジョニー・ウォー
カーの香りと味わいを伝えるための、余計な風味を抑えた大人の味わうハイボ
ール。カウンターで小冊子を眺めながらじっくりと味わってみてください。

jwhighball03.JPG

 しかし、夏でも冬でもハイボール。先般よりエントリーを考えているカクテ
ルコンペティションでも、季節を問わず提供できるレシピが求められています。
季節の愉しみが薄れていくようでは、“板の内側”にいる者としては気になり
ます。

 そしてもうひとつ気になるのが、ブランド復活のニュース。「トリスの出荷
量15倍」って、どれだけ売れてなかったんだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

マンガ「Bartender」の主人公・佐々倉溜がインタビューに応えた

今年も残り1カ月となりました。忘年会の予定がそろそろ入っているのでは
ないでしょうか?
暮れに向けて、このメールマガジンでも何度かお伝えしている「カクテルの日」
の制定に関してそろそろ動きがありそうなのでお伝えします。
マンガのドラマ化もありますし、2011年はバー業界に年になってほしいという
願いを込めながら、1日遅れとなりましたがTHE PLACEのメールマガジン158号
をお届けします。

クリスマスや忘新年会など忙しくなる飲食業、外食産業ですが、ホテルを除け
ばバーという業態は「ウチはむしろヒマ」という店が多いです。

・・・ウチだけじゃなかったんだ、安心した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.158 2010/12/3
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】バーのひとりごと
    『バーの中心で何を叫ぶ』
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『マンガ「Bartender」の主人公・佐々倉溜がインタビューに応えた』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『「5月13日はカクテルの日」』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】バーのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇◆バーという空間がひとりつぶやく戯言集
===============================

 2010.11.28
 よその店がヒマだと聞くと、安心しちゃうよね。

 ウチの店がヒマそうだと居心地良さそうに、安心してるお客さんいるよね。 
 いちばん、安心できないよね。って、前回の話に戻っちゃうけど。

 その話とは別のお客さん、

 「この店にとっては、静寂が、価値なんだー」

 って、誰もいないバーの中心で叫んでたのは愛なのか。

 助けてくださーい。
                        続きは、カウンターで

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■マンガ「Bartender」の主人公・佐々倉溜がインタビューに応えた
==============================

 以前にもこのメールマガジンでご紹介したバーテンダーほか(健全な)ナイ
ト業界関係者向けのウェブマガジン「Drink Planet」が面白い試みをしていま
す。

 「立ち上げた時から絶対にインタビューしたい人がいました」という導入か
ら「ほとんどのバーテンダーの方はご存じだと思いますが」ともったいぶって
紹介するのは2011年1月からドラマかされるマンガ「Batender」の主人公で神
のグラスの異名をとるバーテンダーの佐々倉溜さん(敬称、必要ある?)。

 実際には原作者の城アラキさんに応じてもらっているものですが、受け答え
が原作の佐々倉溜らしくて面白いです。

 ちなみにこのサイト「どこぞの国では露店でガソリンが売られていて、その
容器は使い古しのジョニーウォーカーの瓶」など、主宰者の辻さんや編集部の
ブログも面白いです。

 ご興味ある方、こちらからどうぞ。

 http://www.drinkplanet.jp/

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■「5月13日はカクテルの日」の公式サイト、作ります
==============================

 政治と宗教の話はバーのタブーとされていますが、バー業界では政界のよう
に“大連立”の動きがあるのは確かです。

 これは、再三お伝えしてきた「来年から5月13日が『カクテルの日』に制定
されますよ」という動きに関するものです。様々なものに流派やグループがあ
るのと同じように、バー業界にも協会・団体があります。街場のバーを主体と
するNBA(日本バーテンダー協会)、ホテルバーとその出身者を中心に構成さ
れるHBA(日本ホテルバーメンズ協会)、プロのバーマン育成に独自の道を歩
んだPBO(プロフェッショナルバーテンダーズ機構)、フレア・バーテンダー
によるANFA(全日本フレア・バーテンダーズ協会)の大小4つが主な団体で
す。

 その4団体が今年の夏から、頻繁に顔を合わせて動き始めたのが「カクテル
の日」制定に向けた委員会です。まだまだ詳細を詰めるには至っていないので
すが、年明けにはその4団体の“党首”が顔を揃えた正式な発表会が行なわれ、
5月13日には何かしらのイベントが催されるでしょう。

「そろそろ協会のことに加えて、世の中全般のために、酒類業界や飲食業界全
体のために動いてみませんか?」という働きかけから動き出した「カクテルの
日」への取り組み。ぜひ今後もご注目ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。