2011年09月09日

周年記念にはカクテル「セレブレーション」を

飲むお酒も「スッキリさっぱり」から「しっかりめ」が美味しく感じるように
なりましたね。

今週は、創作カクテルのスタイルを確立したコンペティションの名作を
ご紹介しながらのTHE PLACEのメールマガジン、第194号を
<%拡張属性A%>さんにお届けします。

ビール売り場で「秋味」を目にすると、本格的な秋がそこにあるのを感じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.194 2011/9/9
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.28 『セレブレーション〔celebration〕』
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『ザガットがGoogle傘下に』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『来年も5月13日はカクテルの日』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.28 『セレブレーション〔celebration〕』
==============================
 1986年に行なわれた第15回HBA(日本ホテルバーメンズ協会)創作カクテル
コンペティションで渡辺一也氏が発表した優勝作品は、カクテルの作り方に新
たなスタイルをもたらしました。
 大会会場では、最後に満たすと思われていたシャンパンが先に注がれたこと
にどよめきが起こったといわれています。カクテルグラスにシャンパンを注ぎ、
残りの材料を後からシェークして注ぎ足すレシピはその後、多くのコンペティ
ション作品にも見られるようになりました。
 カクテルの歴史からすると新しい作品でも、世の中のスタンダードを創り変
えられるということを、この一杯が雄弁に語っています。

                       続きは、カウンターで。

 ■セレブレーション〔celebration〕
    30ml   スパークリングワイン
    20ml   クレーム・ド・フランボワーズ
    10ml   コニャック
    1tsp   レモンジュース
    調合方法:シェーク
    グラス: カクテルグラス
    ※あらかじめスパークリングワインをグラスに注ぎ、
     それ以外の材料をシェークして注ぎ足す

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■ザガットがGoogle傘下に
==============================

 Googleがザガット(Zagat)を買収したというニュース。今日のYahoo!トップ
ニュースでも報じられていました。ザガットといえば消費者目線(外食顧客を
巻き込んだ)での調査と集計で一斉を風靡したレストランガイドです。
 Googleは今後、同社の地図ソフトやGoogle+などのSNS、共同購入などのウェ
ブサービスのあらゆる機能と組み合わせて活性化を図る構えのようです。

 反論を恐れずにいえば、日本では既に賞味期限切れだったザガット・サーベ
イ。未だに書籍のみ、年に1度(未確認)の発売という機動力の悪さで、クチコ
ミ採点と評価ではウェブサイトの「食べログ」が今ではその地位にあります。
 一方、サガットの評価が下がった理由には、評価者が玉石混交だったことに
よる飲食店からの不信感も少なくなかったはずです。
 まだ日本での展開は見えませんが、オフライン主体の古びたモデルをGoogle
がどう磨きなおしていくかに注目してみます。

 ネットのクチコミには無縁の私たちですが。

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■来年も5月13日はカクテルの日
==============================

 本日ご紹介のカクテル「セレブレーション」の考案者である渡辺一也氏は現
在のHBA会長。優勝した当時はまだ25歳だったそうです。若くして頂点に立
ち、現在もカクテル文化発信の先頭を走っています。

 その渡辺会長が発起人のひとりである「カクテルの日委員会」が先日、ホテ
ルニューオータニで行なわれ、国内のバーテンダー4団体合同で行なわれた今
年もイベントの総括、その後の各協会の状況、日曜日で迎える来年の5月13日
の「カクテルの日」について話し合われました。

 震災の2ヵ月後という難しい時期でしたが、開催したイベントのおかげで各
地でも来年5月にカクテルイベントを行ないたいという話があるようです。国
内4団体、とはいえ現実を加味して各会の東京支部主体での催しから、来年は
全国各地で「5月13日はカクテルの日」という標語が掲げられるとしたら、委
員会としては当初描いたビジョンの通り。個々の活動をサポートするのも委員
会の役割だと、個人的には感じています。

 来年5月まではしばらくありますが、すべきことはたくさんあるでしょう。
「カクテルの日」とは何なのか、なぜバーテンダーの団体が推進するのか、
カクテルやお酒の楽しみ方など、私たち1軒のバー、ひとりのバーテンダーで
は小さな力ですが、引き続きお伝えしていきたいと思います。


 THE PLACEの看板カクテル「モヒート」はこの夏もたくさんの方に楽しんで
いただきました。涼しさを感じるようになりますと、今度は少し重めのカクテ
ル、マンハッタンやサイドカー、スティンガーなども美味しくなります。また
イチ推しのニュークラシック、エメラルドアイなどもモルト好きの方にお勧め
です。
 茶色いお酒が美味しいこれからの季節。今週末は、少しずつウイスキーの話
も交えながらの楽しいバーライフをお楽しみください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225126281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。