2007年10月30日

バーのスタイルは数あれど

 10月中旬に、銀座のダイニングバーでバーテンダーの講習会が開催されました。
 メーカー主催のこの講習会は、新ブランドの紹介を交えてイギリス、イタリアのトップバーテンダーと語り合うワークショップセミナーでした。

 デモンストレーションでは、数多くのカクテルを試飲しましたし、非常に友好的な雰囲気が印象に残っています。。
 スタンダードカクテルからオリジナルカクテル、ミクソロジーと、様々なテクニックを目の前で見られたことが、僕には新鮮でしたね。

 近年感じることは、日本のバーにも幅が出てきたことです。
 クラシックでオーセンティック、サロン的なお店から、オーソドックスなスタイルのショットバー、カジュアルなカフェバーくらいだった日本のバー文化に、フレアやミクソロジーなどのニュースタイルと、多様化が進んでいます。バー業界の進化はまだまだ続くでしょうね。

 もはや新しいスタイルを『邪道』などとは言っていられません。新しいことも知っていかなければ、どんどん時代に取り残されてしまいます。
 この仕事、何年やっても40過ぎても新鮮なことばかりで、だからやめられません。

 バーホッピングとも言いますが、その日の気分でジャンルの違うバーへ行くのも楽しいかもしれません。ジャンル違いで、行きつけのお店を持っておくのもきっと楽しいでしょうね。

 ただし飲み過ぎにはご注意を(お店にはお店のルールもありますし)。僕も訳あって1ヶ月ほど禁酒したことがありました。理由は、…まぁ〜自業自得というものです(ウォッカには気をつけろ〜!)。

 今でもスノッブに憧れているバーテンダー43歳、オヤジです。

leeroy.jpg

バーとバーテンダーの個性は千差万別。特に海外のバーテンダーの姿を見ると、いろいろな意味で考えさせられます。
もちろん、伝統芸能のような形式美を持つ日本スタイルも大切にしたいですけどね。

その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

一日の終わりの粋

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はTHE PLACEをご愛顧頂き、誠に有難う御座いました。
夏はモヒート、秋冬はワイン、ワインと、何かと季節に合わせてたくさんの『遊び』をご提供させて頂きましたが、本年も変わらず、大人の遊び場でありたいと常々思っている次第でございます。

お神酒と併せて甘酒なども振舞われている初詣時期の神社仏閣ですが、最近は甘いお酒も少しずつ、人気が復調している兆しを感じます。
最近では、食後にデザートワインを飲む方も増えておりまして、少し前ですとスイートシェリーやポート、マディラワインだったものに加えて、ソーテルヌやアイスワインなど天然甘味ワインも脚光を浴びているようです。

THE PLACEではブランデーで有名なコニャック地方で作られる天然甘味ワイン、ピノ・デ・シャラントを取り扱っております。鼈甲色をした深い味わいと豊かな甘さの調和が取れた、バランスの良いワインです。
ディナーの後やナイトキャップ(寝酒)という場面に良いでしょう。
一日の終わりにデザートワインを飲むのも、粋ですね。

もちろん、ここTHE PLACEはバーです。カクテルのクラシック・スタンダードにはナイトキャップに最適に創られた物もたくさんございます。そして忘れてはならないのが、シングルモルトを初めとした蒸留酒。こちらも一日の終わりの粋という意味では、外すことができません。

様々なお酒と遊びをご提供するTHE PLACE。

その場所で、今年は何をして遊びましょうか?

もちろん、飲みすぎには“お互いに”気をつけましょう!
posted by Barmen at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ボジョレー・ヌーヴォー

(1日遅れましたが)
  ※↑↑↑載せるのが遅れたのは私の責任です…(長)

やって来ました!!
11月の第3木曜日は、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。
話によると、今年もなかなかの出来映えらしいですよ。

こんな書き出しをしてお伝えするのも何なのですが、今年のTHE PLACEではヌーヴォーの販売は行なっておりません。
同じボジョレー地区のワイン、モルゴン2003年ヴィンテージを入荷し、


ボジョレー・ワインの熟成


を味わって頂きたいと思っております。
ボジョレー地区独自の醸造方法でブドウが持つポテンシャルを引き出し、熟成させたワインは深い色合いで、果実味たっぷり、凝縮感のある味わいです。

morgon.jpg

たまには熟したボジョレを、しっとり飲むのもいいんじゃない?

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

昔の写真

先日の『思い出ワイン』で、思い出したようにドイツワインを飲みましたよ。
う〜ん旨い!いいね〜、リースリング。酔っ払っちゃいましたけどねー。

それで休日に昔を思い出して、僕が見習い時代の写真を見ました。

え、え゙ぇ〜〜〜!!!?
ビックリです。
何年振りかに開いたアルバムの中の僕は、

髪もたくさんあります(爆)。
今では老眼鏡をかけるようにもなってしまいましたが、、、
あのころの僕は、
リースリングのようい青いブドウの実、だったんですねー(なーんちゃってーー♪)。



………(一同沈黙)。

なんだよ!!

でも、なつかしかったですよ。あの飲みやすさ。
リースリング、また飲みたいね〜。

yama700.jpg

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 18:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

想い出ワイン 其の壱

最近……といっても、
この15年ほどですかねぇ〜。
街の酒屋さんの店頭で、ワインをよく見るようになりましたね。
ここ広尾にもありますが、ワイン専門の酒屋さんも増えました。ワインは、日本の食生活に本当に浸透したのですね。そういった意味でも、ワインブームは偉大だったと思います。

話は遡りますが、ボクがこの世界に入ったのは26年前……。
日に日に薄れゆく記憶をたどってみると、26年前は、(ちょいワルでなくても)オヤジはウィスキー、若者(当時はボクも)の間ではチューハイがブームだったと思います。
ボクは当時、(信じてもらえるかは別として)お酒が弱かったので、アルコールに対して全く興味がなく、口にするのもイヤでした(本当に)。
でも、おいしいと思えるお酒に出会えたのです。

それは、ドイツワインでした。
軽い甘さとアルコール度数の低い、ジュースみたいな飲み口。うまかったですねー。
この頃、あまり見かけませんよね。
ボクの想い出ワイン…。

katz.JPG

確かに最近見かけないように思っていた「ツェラー・シュヴァルツ・カッツ」ですが、それでも酒屋さんには結構ありましたね。これが、『ワイン入門』であった方も多いはず。
リースリングの甘みと酸味が、ワインを親しみやすいものにしてくれました。
posted by Barmen at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

なんだよ!?

白ワインのばかりじゃないかよぉ〜。
というアナタ。おっしゃる通り、赤ワインが美味しい季節になってきましたね!
味覚の秋、食欲の秋、おいしいものが街中に出るこの季節、ワインが食卓に華を咲かせます。もちろんバーでも、ワインがあれば話は弾みますし、いいですね〜。

赤ワインといえば、ピノノワールですよ(「誰が決めたんだよ!」←ウチの突っ込み隊長)。
ブルゴーニュを代表する黒ぶどうから作られる繊細な香り、味わいのワインにはあの、ロマネ・コンティもあるばい!

秋の夜長に、ラズベリーを思わせるような繊細な香りのピノノワール。ここTHE PLACEでは、ペルナン・ベルジュレスのピノノワールをグラスでもお楽しみ頂けます。これは、うまいっしょ!

romanee.JPG

秋の夜長と赤ワイン。写真はもちろんイメージです


THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com/wine.html#wine


追記:
THE PLACEでは、今年はボジョレー・ヌーヴォーは販売致しません。
なぜかって?それはまた、別のお話で。
posted by Barmen at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ワイン、増えはじめました。

今週は、秋の長雨となりそうですね。雨続きの日々は、気分もどんより。

こんな日には、コート・デュ・ローヌ白ワイン、コンドリューでリフレッシュしてはいかがでしょうか?

cond.JPG

夏の暑さからは解放され、スッキリサッパリの白ワインでは物足りない時期にもなりました。
その分、酸味が控えめでキレはなくても、マスカットのような青い香り、独特のハーブ香がグラスの中で混り合うワインです。

THE PLACEでは10月から、味覚の秋として定番ではありますが、皆さまにワインを楽しんで頂けるよう、グラスワインのセレクトを増やし、一つひとつ特徴のあるものをご提供してまいります。
それぞれのワインが産地や作り手、味、香りに特徴あるものだけを数種揃え、時期に併せて入れ替えて参りますのでどうぞご期待下さい。

香りといえば、臭覚を通しての記憶は、実は味覚や視覚よりも鮮明に記憶されるそうです。例えば、香水の香りでかつての甘い記憶(?、ほろ苦い記憶の方もいらっしゃいますかね?)を映像と共に詳細に思い出す、などはよくある話です。私には心当たりはありませんが。。。

そういえば、ウチの「辛口のバーテンダー」は、昔を思い出して渋谷と新宿と池袋は、生ゴミや住民の匂いが入り混じってそれぞれ違う、と豪語していました。



……まったく興ざめな話です。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

BARで飲む白ワイン

9月も中旬に入り、涼しくなってきましたね。
夏はやはり透明な飲み物が良かったのですが、だんだんと色の付いたお酒も良くなってきました。
私が飲んでいたお酒?透明といっても、白ワインもたまには飲みますが、むしろジンやウォッカや、今年はラムがおいしかったですね〜。

私の好みはさておき、色のついたお酒といえば赤ワイン。秋冬にはやはりよく飲まれます。
その赤ワインでシャトー・ラグランジュというものがありますが、THE PLACEではこのワインの白をご用意しているのです。
そう、白のラグランジュ、「レザルム・ド・ラグランジュ」というものがあるのです。
フランスのボルドー、メドック地区で作られる白ワインは、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンが混合で軽からず重からず、それでいて辛口!

Lagrange_s.JPG

ワインだけで飲んでいても美味しい白ワイン。そんなワインが、BARのワインには良く合います。
夏が過ぎましたが、まだ白ワインを飲むにもいい季節です。

辛口といえば、ウチにもひとり、辛口のバーテンダーがいたような気が…。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

やっぱり白ワイン!

夏をモヒート一色で乗り切ってきたTHE PLACEですが、9月下旬からはワインにも、これまで以上に力を入れる予定です。
かつてのワインブームにおいては、赤ワインが大流行しましたね。猫も杓子も赤ワイン。お寿司屋さんで赤ワイン、天ぷら屋さんで赤ワイン。どこでも赤ワインを飲んでいれば、格好がつきましたね。
そして、この時期に増えた赤ワイン愛飲者が、今のワイン市場を支えて下さっているのも確かです。

夏の暑い時期や、まだ残暑が残るこの時期に、重たい赤ワインを飲んでいる方、まだたくさんいらっしゃいますね?
お好きなのは分かりますが、例えば最初の1杯、ビール代わりの1杯をキンキンに冷えた白ワインで喉を潤すのも宜しいのではありませんか?
それからお食事へ出かけるのもいいでしょう。
これもBARの楽しみ、遊びのひとつです。

THE PLACEでは、楽しみのある白ワインをご用意しています。(つづく)

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本隆範のバーマン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。