2010年01月04日

【新年のご挨拶】明けましておめでとうございます

20100104_003.JPG

明けましておめでとうございます。
皆さんどのような新年をお過ごしでしたか?

2010年という節目の年、今年もTHE PLACEは皆さまの今日と明日のつなぎ目として、
素敵な大人の皆さまのための遊び場でありたいと願っております。

20100104_001.JPG

大変な世の中である今日、せめてもの縁起として、正月は「松・竹・梅」を活けて
皆さまをお迎えしたく思います。

20100104_002.JPG

また、梅にかけまして今年の“おとそ”は水戸の「百年梅酒」を振舞って
います。

桃栗三年、柿八年、THE PLACEは11月で9年ですが、百年後のカクテル文化と
大人のバー遊びを残すため、今後も精進いたします。

本年もご指導いただくと共に、どうぞ存分に、お遊びくださいませ。

その場所で、今年も一緒に遊んでくださいね。
THE PLACE
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ホームページはメンテナンス中です

THE PLACEのホームページ、
http://www.bar-place.com は、ただいまメンテナンス中です。

明日30日(木)中には復旧の予定です。
大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承ください。
posted by Barmen at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ウィークリーカクテルが始まります

広尾のバー、THE PLACEです。
梅が咲き、節分や立春も過ぎ、しばらく先の桜の季節を待つ時期になりました。

東京カレンダーの別冊で『the BAR』という本が1月30日に発売されました。
ここTHE PLACEもご紹介いただいております。こういった機会にお声がけ頂ける
というのは、本当にありがたいものです。

メールマガジンも今日で64回目。
THE PLACEでは今週から、このメールマガジンでご紹介しているカクテルを
写真入りのメニューブックにしました。年間50週のウィークリーカクテル。
どうぞご注目ください(続きは、カウンターで)。

そして今月はウイスキーに関する国内最大の祭典「ウイスキー・マガジン・ラ
イブ」が開催されます。イベントにちなみ、チーフバーテンダー山本とウイス
キーの出逢いを交えながら、今週も他愛のないお話をお届けいたします。


バーの必需品、「コアントロー」が終売って、どういうことだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.64
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                 配信登録・変更・解除はこちらから
                 http://www.bar-place.com/magazine/
  ※このメールは、これまで名刺交換をさせて頂いたTHE PLACEのお客さま
   と、ホームページからご登録頂いた方中心にお送りしております。
   お時間のございます折にご覧下さい。


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】現代バー用語の不要な基礎知識
   『飲み放題』とは?
 【2】カクテル温故知新 『シャムロック』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
   『ウイスキーとの二度の出逢い』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】現代バー用語の不要な基礎知識
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■のみほうだい【飲み放題】〔free drink〕
==============================
 (1)人間の心の底から沸きあがる歓喜と使命感をくすぐる魔法の言葉。
 (2)この時だけは人格が変わる人もいる。
 (3)「料金以上に飲んでやる!」というどこから来るのか分からない使命感
   だけが、彼らを突き動かす。
 (4)ハッピーアワーという閑散期割引としても使われるオーソドックスな
   戦法だが、ハッピーにはならない。
   *ハッピーアワーについては本メールマガジン第53号を参照
 (5)酒豪にとってはこの上なくうれしいが、下戸にとっては何が良いのか
   さっぱりわからないメニュープラン。
 (6)ソフトドリンク飲み放題で、ジュースをがぶ飲みしている光景は見た
   ことがない。
 (7)ワイン飲み放題で、1時間半で10杯飲んだ人は見たことがある。
 (8)ウォッカを5本飲んだプロレスラーも見た。最近はデスラー総統の
   格好が好きな氏はその後、「よーし、銀座に行こう!」と消えた。
 (9)そのうち、『やっぱり美味しいもの』が飲みたくなってくる。
 (10)THE PLACEも基本的には飲み放題。ただし払い放題も適用される。

___________________________________

【2】カクテル温故知新
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■シャムロック〔shamrock〕
==============================
 春の野原や夏の草原、秋の麦畑など、大地の恵みの薫り豊かなカクテルは、
アイルランドの国花、クローバーをイメージしたもの。アイルランドのウイス
キーに溶け込むのは、3つの香草系のお酒。アイルランドの守護聖人、聖パト
リックはキリスト教伝道の際に、三つ葉のクローバーを「三位一体」の象徴と
して使ったといわれています。
 ウイスキーベースの代表的作品。長い歴史の中で、アイリッシュウイスキー
は少し“おとなしく”している感もありますが、この一杯がある限り、その存
在はこれから先の未来にも、終世求められることでしょう。

                      続きは、カウンターで。

 ■シャムロック〔shamrock〕
    1/2    アイリッシュ・ウイスキー
    1/2    ドライ・ヴェルモット
    3dash   シャルトリューズ(グリーン)
    3dash   ミントリキュール(グリーン)
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ウイスキーとの二度の出逢い
===============================

 今月もまた、我々バーテンダーから一般のウイスキー好きの方まで楽しめる
イベントが、2月22日(日)に、東京ビッグサイトで開催されます。
 本当に不景気なのだろうかと思うくらい、たくさんの人がウイスキーめがけ
て集まり、ストレートで飲んでいます。皆さん強いですね。
 そしてこの機会に自分の好きなお酒と出逢う人も、結構いるのでしょう。


 僕がウイスキーと出逢った当時はソーダ割りや水割り全盛の時期。今でも
その味は鮮明に覚えています。ホテルで「見習い」という名札が外れた頃の
ことでした(あの名札は恥ずかしいぐらい大きかった)。
 当時流行していたのはバーボンで、まだロクにお酒を飲めなかった僕も(信
じてもらえないかもしれませんが)バーボン・ソーダを飲んでいました。
 まだ子供(未成年という意味ではない)だった僕には、決して美味しいとは
感じなかったけれど、あのバーボンの香りは大好きでしたね。

 当時勤めていた会社では、創業社長のバースデーパーティーがあり、僕は
シャンパンを手に、社長のもとへ挨拶に行きます。おいしく感じるウイスキー
との出逢いはその時にやってきました。

「おい!お前、このウイスキーを飲んでみなさい」

そう言って手渡されたのは、一杯の水割り。飲んでビックリです。

「なんておいしいウイスキーなんだろう」

いま風にいえば、キターーーーーーーー\(TT)/ーーーーーーー!!!とでも
いうような、衝撃的な出逢いです。

「このウイスキーは、スコッチですか?」

 私の問いに、社長はただニコニコしながら僕を見つめて、その場を離れて
いきました。


 それ以来、ウイスキーとは今でも付き合っています。そのまま飲んだり、
氷を入れたり、水で割ったり、ほかのお酒と混ぜたり、いろんな付き合い方が
ありますね。特に最近、水割りは日本の文化として、大切に伝えていきたいと
感じるようになっています。水割りにもいろんな姿かたちがありますのでね。

 ちなみに、その当時頂いたウイスキーは、国産の市販もされていない、プラ
イベートウイスキーでした(ごちそうさまでした)。
 当時から国産ウイスキーにも、おいしいものがあったのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                 配信登録・変更・解除はこちらから
                 http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴なう表記を
 除き正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証
 するものではありません。
posted by Barmen at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

フレア・バーテンディングで日本初の世界チャンピオン誕生

8日にモナコで開催されたフレア・バーテンダー世界大会、「SKYY Flair Global Challenge World Final」で日本代表の金城光浩さんが見事優勝を果たしました。

mitsu.jpg

mitsu02.jpg


日本予選を制し、世界大会でも実力どおりの力を発揮して決勝に進出。見事に日本初の世界チャンピオンとなった金城選手。写真はSKYYフレア・ウェブサイトより


春のレジェンドを最高難度と考えると、このSKYY大会は世界最大規模のワールドトーナメント。
世界チャンピオンは日本では初めての金字塔。

現ANFA会長と相談役であり、日本のフレアの種まきをしてきた北條さんと石川さんが初めて世界の舞台を踏んだのが2000年。京都の岩本さんが世界の決勝に残り、これまでの日本人世界最高順位である3位に残ったのは2003年。
2004年には、TGIフライデーズの従業員で競うワールド・バーテンダー・チャンピオンシップで金城さんが優勝しました。
2006年には前田知憲さんが、岩本さんの記録に追いつく世界3位、そして弟の武頼さん、金城さん、茂呂さんの4人が世界のトップ10に。昨年 2007年は大阪の成田さんが2位と発表されるも集計ミスがわかり4位という惜しい出来事もありました(集計ミスは成田氏本人が気付いたため、本人も納得の結果だったようですが)。

今年、国内チャンピオンシップでは初めての地方進出。青森・八戸でもフレアは確実に根をはりました。来年1月早々には、八戸市長杯が行われます。

そしてこのほど、真の世界チャンピオンが日本に誕生。

ここまでの道のりが長かったのか、それともあっという間に駆け上がる短かさだったのか。それは本人たちのみが知るところです。

日本から世界チャンピオンを誕生させようという想いで生まれたフレア団体はFBNからFBA JAPAN、ANFAへと名前を変えていきましたが、その原点と想いはひとつでした。

2005年から広報として内部から支える立場になりましたが、任務がひとつ終了したような気がします。そろそろ誰か、彼らの夢の続きを報じてくれる人がいないでしょうか。

これからどこに向かっていくのかな。
そういえば、日本での世界大会開催、これがありました。

まだまだ大仕事がありそうです。
posted by Barmen at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

『100モヒート』いよいよ明日、5月29日から

この準備をしていると、今年も夏が来ると思えるようになりました。

THE PLACEのモヒート・バリエーション100種類『100 MOJITOS』、
2008年版リストはいよいよ5月29日から公開です。

mojito100_2008.jpg

リストは既にホームページに掲載済み。
そして本年は、皆さまからのご感想、ご意見を随時追加してまいります。

mojito_enq.jpg

レビューが載っていくホームページで何を飲むか選んで、
お店ではそのモヒートを五感で楽しんでみてください。

Googleでの「モヒート」検索でもだんだんとランクが上がってきましたね。
嬉しいような、コワイようなです。

皆さまにとって素敵な夏が訪れますように(まだ早いか)。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ミクソロジークラス

THE PLACEを会場としているバンタンキャリアスクールのバーテンダーコース。2月から始まった第2期生は受講生も倍増し、さらに賑やかなクラスとなりました。
授業も既に折り返し地点を過ぎている第1期生は、習得するレベルが週を追うごとに高まっています。

さて、今週の1期生は少し楽しい授業。ミクソロジストの北添智之さんをお迎えして、ミクソロジー・マティーニの制作に取り組みました。

melonmatini.jpg

写真はメロンマティーニ。これは受講生が作ったものです。
ボストンシェーカーも様になってきました。

tomatos.jpg

グリルド・トマトマティーニの材料となるトマト。そのままでもおいしそうです。

mixologyclass.jpg

北添さんとは初めてお会いできましたが、ミクソロジーに対する考えや技術的なレクチャーはとても興味深いものでした。
エスプーママシンは使わないのですね。ミクソロジーシロウトの勝手な解釈でした。

ミクソロジー。THE PLACEでも取り組んでみたいですね。
まずはクラシックカクテルの温故知新から。
並行して、モヒートに続く新しいものの創造も進めていく予定です。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

雪でしたね。

yukidaruma_300.jpg


都心も本格的な雪となりましたね。
これが日曜日で良かったです。

たしか、2年前にも降った大雪の時には、さすがに静かな夜で
誰も来ないのではないだろうかとあきらめに近い営業でした。

と思ったら、早々におひとり、
「こんな日は静かじゃないかと思って〜」といらして下さいましたね。

そう、そんな日はあなた様のような方しか来ませんワ。

今日は定休日でよかった。
また明日、月曜日から通常通り営業いたします。

写真は近所のレンタカー屋さんの前にたたずんでいた雪だるまくん。
その後見たら、もうひとり増えていました。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

カクテルの写真

cocktails01.jpg

先日から深夜にせっせと撮っているのが、カクテルの写真です。
まだこれからも毎週撮り溜めて、新たなことに使おうと準備中。

さて、どうしようかな。お楽しみに。

ちなみに1月25日現在、Yahoo!で「モヒート」と検索すると、驚いたことにTHE PLACEが6番目。
今年もやらねばなりませんか。

こちらも、お楽しみに。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

世界の山ちゃん

今回はちょっと気に入ったお店の話です。

11月25日に、フレア・バーテンディングの全国大会「第7回 FBA JAPAN 全国フレア・バーテンダー・チャンピオンシップ」が開催され、その打ち上げが行なわれたのが表題のお店。

sekai_yamachan.jpg

世界の山ちゃん

私たちは知りませんでしたが、名古屋ではたいへん有名な手羽先のお店です。
東京でもご存じの方も多いようですね。

と思ったら、東京にも新宿、池袋、神田、近所では田町にまで出店しているチェーン店でした。

広尾の山ちゃんも「世界の──」になれるでしょうか。

 山)「ヘネシー、いくら飲んでも減んねーしー!」

 長)「・・・・・・・・・減ります」

 山)「ジンを飲むと、じ〜んと来ちゃうねぇ〜♪」

 大)「・・・・・・・・・おとうさん、もういい歳なんだから」

ある意味、ダジャレならワールドクラスです。

ちなみに本も出ています。

『世界の山ちゃん伝説―思いつきを成功に変える25の法則』

5129X6YD2TL._AA240_.jpg

戦略ゼロという意味では、ウチの山ちゃんのジョークも戦略ゼロの思いつきです。
たいそう機嫌よく、突然何を言い出すかわかりません。


たまには、名古屋出張の報告を兼ねた他愛のない日記でもと、ご紹介させて頂きます。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

元祖のプレミアムビールへ。THE PLACEのビールが変わります

hoe2yebisu.gif

THE PLACEで開業以来ラインナップしていた商品が姿を消すことになりました。
ヒューガルデン・ホワイトの生ビールは、本日7月25日より、ヱビスに変更させて頂きます。
ベルギービールのホワイトビールとして多くの方々にお楽しみ頂いておりましたが、昨今の供給制限にはかなわず、涙ながらのGIVE UPとなりましたことをここにお知らせ致します。

本日よりご提供するビールは、サッポロビールがお届けするヱビスとなります。広尾・恵比寿地区ならば、ということで長年培ってきたブランドに信頼を寄せて、導入をさせて頂きます。

ヱビスビール、おいしいですよね。
恵比寿のサッポロビール本社には「恵比寿麦酒記念館」があります。
ビールの歴史や製造工程、商品の歴史などが見られて、実に興味深い記念館です。
ビール広告の歴史なども面白く、今でも語り継がれる「男は黙ってサッポロビール」というCMも見られた(はずです)。

サッポロビールに長くお勤めの方からお聞きした話ですが、サッポロビールOBの方や古くからの社員の方にとっての同社の象徴は、現在の金色のマークもさることながら、「(赤星)」であることはご存知でしょうか?(星であることはかわりありません)
その赤星は、「サッポロラガービール」という、知る人ぞ知るビールに残されています。
サッポロラガー、焼き鳥屋さんなどでたまに見かけることができますよ。
小瓶が出たら、THE PLACEでも考えたいですね。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

載りました。

最近ブログが更新されてないね〜。

とボヤかれてしまうことが、かなり頻繁にあるTHE PLACEのブログ、
「其の場所」ですが、本当に申し訳ありません。
そろそろきちんと更新し続けなければ、と毎月初に思うだけ。
というのもいい加減にして、そろそろネタ探しにまい進します。

小さなことからコツコツと、

コツコツと、
小さなことから、


大きな事件がありました。

日経レストランに掲載されました。
それも表紙です。

nr200707.jpg

びっくり?
私たちもびっくりですが、
誰よりびっくりしているのが、3月下旬から来た大沼です。
posted by Barmen at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

なつかしの山の上ホテル

 今年のゴールデンウィーク、THE PLACEは開業して初めてお休みをさせて頂きます。休業中、店内の一部を改装・改修し、連休明けはちょっとだけ新しいTHE PLACEとして皆さまをお迎えしたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 初めてのGW連休ということで何をしたら良いかもよくわからず、かといって無駄に過ごしてはという危機感からまず訪れたのはこちらです。

hilltop01s.JPG

 東京・御茶ノ水に静かにたたずむこの建物は、千代田区の“景観まちづくり物件”にも指定されている「山の上ホテル」。まだ帝国ホテルやパレスホテルぐらいしか、シティホテルと呼ばれるものがなかった昭和29年、「日本人による日本人のためのホテル」として生まれたのが始まりでした。

hilltop02s.JPG

 久々の“帰郷”でしたが、カウンター9席だけのメインバー「ノンノン」をはじめ変わることなく、「天ぷら山の上」の支店を東京ミッドタウンに出したからといって浮き足立つこともなく、ホテルとして変わらない姿に安心しました。

 このホテルには、地下2階に「モンカーヴ」というワインセラー(ワインバー)がありまして、肩肘張らずに気軽にワインや料理を楽しむことができます。料理も館内の和洋中の飲食店舗から運んで来ることが可能ですし、その内容も充実しています。

hilltop03s.JPG

 驚いたことに、当時は不可能だった和食のおつまみ、天ぷら盛り合わせなどのオーダーも可能になっており、食事の充実振りには目を見張るものがありました。

 かつては特定のお客さまにしかお出ししていなかったような“特別サービス的フード”などもメニューに記載されており、老舗ホテル(ともう呼んでいいかな)としての確かな姿勢の変化なり進化なりを感じることができました。
 当然のことながら、特定のお客さまだけが望む特定のサービスというものは、概ね皆さんからの評判も良かったりするものです。
 かつては、「そんな事をして、他のお客さんもそれを望んだら毎回それをやるのか?」といって、お仕着せのサービスに終始していたのが日本のホテルでありサービス業でした。しかし今日では、「みんなが望むのならスタンダードにすればよい」というのがサービスでもあり、ごく当たり前になりつつあります。

 ワインリストの商品構成といい、価格のバランスといい、こちらも良くなったように思える内容で、久々に帰った“実家”(?)に安心して結局酔っ払ってしまいました。

 気分を良くした私達がその後どこに消えたのか?

 それはまた次回をお楽しみに。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

新丸ビルから見えてくること

しばらくぶりの今回は、ちょっとお店から足を伸ばして東京駅まで行ってきました。

開業してもうすぐ1ヶ月の東京ミッドタウンが盛況を見せる中で、4月27日には新丸ビルがオープンします。
このビルだけでなく、これから東京駅界隈では続々と開発が続きます。そんな新丸ビルで24日に行なわれたオープニングレセプション、7階のレストランフロア「丸の内ハウス」の様子をお伝えしましょう。

パブリックスペースにもテーブルとイスが置いてあり、フロア全体を家の中で過ごしているように回遊性を持たせる設計が施されている。周りを取り囲むようにテラスがあり、こちらも出入り自由。料飲店舗でオーダーしたものをパブリックスペースでも楽しめるそうですが、各店舗のオペレーションをどのようにするかが興味あるところです。

3s.jpg

ここには、グローバルダイニング時代に西麻布「権八」でブッシュ大統領と小泉首相の会談を接遇した新川義弘氏率いるHUGEが、リゴレット・ワイン&バーを開業するとあって、こちらが一番の盛況を見せていました。1年前に吉祥寺のカフェ・リゴレット、次もやはり1年前に、銀座のミキモトビル上にレストラン・ダズルと話題に事欠かない同氏の新たな店作り、空間作りへの期待が形になっていたように思えました。

2s.jpg

それぞれの店舗も可能な限りオープンなデザイン、設計にして、入りやすく出やすい雰囲気を出していますし、オープンキッチンにしている店も多く見られました。
女性専用の広めのパウダールームを設置していたり、やはり女性専用のバーもあります。この店の内装は、古いスナックのようで、実際これが吉凶どちらに転ぶかは興味深いですね。DJブースがあったりするのも脱・丸の内色といったところでしょうか。

1s.jpg

一部の店舗では(というよりは一部の店舗を除き)、朝4時まで営業という形態は、丸の内エリアでは初めての試みだそうで、深夜の丸の内がどのような顔を見せるのかも関心が集まっています。

今までもそこで“暮らしている”三菱地所が主体になって作られているだけあって、朝まで営業する飲食店や丸の内のイメージを覆すフロアづくりなど、行なわれていることには理由があってのことと察しつつ、今後この街がどうなっていくか見てみることにしましょう。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

JINROくんがやって来た!

11月21日に、フレア・バーテンディングの全国大会「第6回 FBA JAPAN 全国フレア・バーテンダー・チャンピオンシップ」が開催されました。
今年は大会6回目にして初めての平日開催となり、お客さまがどれだけいらして下さるか心配でしたが、おかげ様で盛況となりました。

話は遡って、以前にこのブログでお知らせした韓国焼酎JINROのCM、皆さまはご覧になりましたか?
着ぐるみバーテンダー“JINROくん”とその師匠のコンビを演じた、鳥取のビストロ庵の前田兄弟が、今回の主役です。
大会翌日に彼らの取材と撮影が行なわれたのですが、その会場となったのがここ、THE PLACEです。このバーにワールドクラスのフレア・バーテンダーがカクテルを作るということで、誰よりも楽しみにしていたのは広報担当・長嶋本人でした。
(注)撮影は日中に行なわれたものです。営業中ではありません


maeda02.jpg

前田兄弟、涼しい顔してこのバーで、二人並んでボトル3本投げました。
やはりスゴイですね。さすがです。
残念ながら、彼らの勇姿はまだ鳥取でしか見ることができません。
今後はオファーがあれば、関東圏でもカクテルショーなどに出演するつもりだそうです。

maeda01.jpg

次回会ったときには、・・・・・・サインください。


日本のフレア・バーテンダーは前田兄弟だけではありません。
21日の大会で優勝した金城光浩(ミツ)選手の完成度の高いフレアや、茂呂俊文(モロ)選手の独自のスタイル“ノンストップ・フレア”にも、世界中からオファーが来ています。彼らはちょうど今ごろ、ロンドンの世界大会「ロードハウス・ファイナル」に出場すべく、フライト中です。
日本人初のワールドチャンピオンが生まれるか。ロードハウスの結果も楽しみですね。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

JINROって、気持ちいいいいいいいいお酒

商品の宣伝ではありませんが、10月28日からオンエアされる韓国焼酎「JINRO」の新CMに注目してください。

jinro1.jpg

これまでもユニークさが際立っていたJINROのCMですが、今回はフレア・バーテンダーが採用されました。しかも、ニューキャラクター「JINROくん」なる、JINROの着ぐるみを被ったバーテンダーが、ボトルをびゅんびゅんと振り回し投げ飛ばします。

jinro3.jpg

もちろんCGなどは使わず、実写のみを使用したこだわりのものですが、中のバーテンダーも超一流。鳥取の「ビストロ庵」に勤める前田知憲(ともひろ)・武頼(たけより)の兄弟は、世界大会でトップ10に入るワールドクラスのバーテンダーです。
このCMでは、武頼さん扮するJINROくんが、世界3位の実績を持つ知憲さんに師事するという設定ですが、この師弟関係は事実に基づくもので、1日8時間以上の練習を普通にこなす、超一流アスリートのような生活をしています。

この二人、10月25日まで行なわれていた秋の世界大会「QUEST 2006」にも出場し、知憲さんが自身2度目となる世界3位、武頼さんが9位と大活躍して帰ってきました。
今後の活躍にさらに期待を持てる、気鋭のバーテンダーに注目してください。

jinro2.jpg

CMはJINROウェブサイトからもご覧いただけます。

また、この新CMからJINROのキャッチコピーが「楽しいお酒」から「気持ちいいいいいいお酒」に変わりました。気づきましたか?
posted by Barmen at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

モヒート、終わりましたか?

9月末までの予定で実施してきた「100 Mojitos」(これ、スペイン語では「シェントロ・モヒートス」と言います)です。
THE PLACEでは10月から、「味覚の秋に合わせた定石どおり、べたべた企画のワイン祭り」(そんなタイトルではない)として日頃よりも多くのグラスワインをご用意しております。

モヒートの夏は、私共が思っていた以上に多くの反響がありました。ご来店頂きました皆さま、お一人おひとりに、改めて感謝申し上げます。
モヒート100種類については秋雨前線の到来と共に去りぬ。と言いたいところですが、10月2日の昨夜もご利用があり、他にもご予約、お問い合わせが続いている状態です。どうにも止まらない、止めてもらえないモヒートです。
ご要望にお応えして、モヒート大感謝祭、まだ続きます。強制終了ならぬ、強制継続ですが、嬉しい悲鳴ですね。

一応、メインメニューからは消えますが、ミントの葉が調達できる限りモヒートは続きます。ご来店の皆さまはどうか、

「モヒート、あるんでしょ!?」

とひと言、お声掛け下さい。100種類のメニュー、これまで通り出てきます。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ひと夏、あっという間…

また久々のプレイスブログになってしまいました。
前回の更新が1ヶ月前…。冷や汗がでます。
THE PLACEにとってのこの夏は、さながら『モヒート狂想曲』でした。「細々と」とはとても言っていられないぐらいになりました。何せ、100種類ですからね。
実際にその威力を発揮したのは、ネットでした。

mojitos.jpg

20代後半から30代の女性に向けた情報サイト『verita(ヴェリタ)』カフェグルーヴ社)は、同サイトが発行する30万人に向けたメールマガジンの威力もさることながら、検索サイトで上位にランクされるようになり、THE PLACEにもモヒートを求めてお運び下さる方々が多くいらっしゃいました。
掲載記事はこちら
皆さま、その節はどうもありがとうございます。

そうこうしている間に、フレア・バーテンディングでは日本の国際大会「インターナショナル・アルティメット・フレア・チャレンジ」が8月19日、20日に行なわれ、2日間で1000人にも及ぶ観客を集めることができました。
このイベントでは、THE PLACEバーテンダーでありフレア・バーテンダーズ協会広報の長嶋もささやかながら活躍し(つまり大した事はしておりませんが)、多大なる肉体疲労を残しましたが現在は無事に復活しています。

shin.jpg

大会の模様も協会サイトで公開しているほか、同協会関西地区ブログでも画像を掲示しております。
協会サイトでは、近日中に映像も公開予定です。

9月からは、モヒートと並行してワインで乾杯!そして「ワインで遊ぼう」なる趣旨の企画も始める予定です。現在、チーフバーテンダー・山本が脳みそに汗かいて、ワインの最終選定をしておりますのでお楽しみに。
また、そんな山本の汗と涙が凝固した結晶(塩?)、「山本隆範のワインの話」も始まりますので、こちらもあわせてお楽しみ下さい。

注)モヒート100種類大盤振る舞い祭り!は9月末まで続きます。
10月以降もメニューからは下げますが、ご要望に応じてバラエティあふれる(あふれ過ぎる)モヒートの数々をご提供できる準備は致しますのでご安心下さい。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

こんな事もしてます。

THE PLACE、ここは典型的なオーセンティック・バーですが(そもそも、オーセンティック・バーの定義があるのでしょうか?)、
日本フレア・バーテンダーズ協会(FBA JAPAN)の情報窓口という一面も持っています。

会長であり、日本におけるフレアの先駆者の一人である北條さんから、「大会のロゴを作ってくれ!」なる依頼がありまして、やったこともないロゴデザインまで手掛ける事になりました。
※北條さんのバー「カクテルバー・マルソウ」は横浜駅直結のスカイビル1Fにあります。実際にフレアを見たい方はこちらへどうぞ。


この大会、「インターナショナル・アルティメット・フレア・チャレンジ」は、日本で初めて海外選手を招いての国際大会です。しかし、ロゴといってもイメージがないままに作った第一弾はボツ。複雑すぎる上にマンガチックで、どうにもいけません。
こうなったら、「東京を背景にゴジラにフレアをやらせた画像でも作ろうか」とか、「大会キャラクターとして『ウルトラマン』をパクった『アルティメットマン』でも作ろうか」などと考えてもみましたが、本当にそんなことしたらシャレにもなりませんのでやめました。
北條さんのイメージを基に、国際大会としての風格を持たせようかと、いくつかのパターンから選ばれたのが、今回のロゴ。

logo_iufc.jpg


大会は8月19日にセミファイナルを行ない、20日に決勝が開催されます。
数々の世界大会を勝ち続けたまま、大会の第一線から一歩退いた(日本ではこれを「勝ち逃げ」ともいいます)フレア・バーテンダーのカリスマ、クリスチャン・デルペッシュ選手の参戦も決定。
日本からも今年の世界大会でトップ10に入った4人ほか、超実力派バーテンダーも出場します。
この大会、もちろん一般の観戦も可能で、お酒を飲みながら大の大人にも楽しく見られるイベントです。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

サマーカクテル

この2週間は梅雨のように連日の雨ですね。
日照不足で、既に野菜の価格が高騰しているそうで、キュウリは例年の1.6倍にもなっているそうです。
そして気温は上がっているだけに、既に夏を思わせます。

さわやかなカクテルや白ワイン、シャンパンなどが喜ばれるこれからの季節。今回はそんな夏に飲まれるカクテルをひとつ、ご紹介しましょう。

ペルノーというフランスのリキュールにグリーン・ミント・リキュール、そして水というシンプルなカクテル。ペルノーもミントリキュールも好き嫌いが別れる材料ですので、強くお勧めはできませんが、さわやかに喉を潤してくれます。
このカクテルの名前は「ペロケ」。
意味はフランス語で「オウム」を意味するそうです。

という話をしたらバーテンダー(二人いるうちのどちらか)、
「じゃあ、飲んだら『コンニチハ』『コンニチハ』ってなっちゃうんだ!」
(↑この『コンニチハ』ってところはオウムの真似です)
皆さんに聞かせてあげたいですが、お見せするのはやめておきましょう。
もし遭遇したら、どうか止めてください(笑)。

さて、夏のカクテル、ミントといえば「モヒート百選」でしたね。
徐々にお伝えしてまいります。

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

静寂が価値なのだ!!!    ???

今年のゴールデンウィーク中も、ザ・プレイスはここ広尾で細々と営業を致しました。連休中にもかかわらずお運び頂きました皆さま、ありがとうございました。
禁酒をやめて(?)お運び頂き、試験的に実施している「モヒート百選」をたくさん飲んで下さった方々、ありがとうございました。おかげでこの「モヒート百選」を実際に行なう勇気が出ました。

東海地区からお運び頂いた仲良しご夫妻のお二人、わざわざ広尾のバーまでお運び頂きましてありがとうございます。GWに営業した甲斐がありました。

大手企業の紳士?の来店にも驚きました。普段からお忙しそうなのに、ご利用頂きありがとうございました。ちょっと酔っていましたか?
でもそれがあなたらしくて、私たちは好きです。
「おお〜、シニョール・ナガシマ!このバーの価値は、静寂なんだよ!!」
と街中に響くほどの大声で連呼しても、逆にそれがあなたの価値です。
これからも普段通りにやって下さいね。

f060508.jpg

そのほか、連休中にもかかわらずこのバーに賑わいを与えて下さった皆さまに感謝感謝です。

さて、「モヒート百選」ですが、これはウェブサイト・ブログ上では後日公表致します。お楽しみに!

THE PLACE(ザ・プレイス)
http://www.bar-place.com
posted by Barmen at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。