2011年05月20日

「カクテルの日」発表会

5月13日の「カクテルの日」発表会、無事に終了しました。
おかげさまで盛況だったこのイベント。今週はこの舞台裏のお話を中心に、
メールマガジン、第181号をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.181 2011/5/19
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.16 『サイレント・サード〔silent third〕』
 【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第53話 器が先か、発信が先か ◆◇◆
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『実録「カクテルの日」発表会』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.16 『サイレント・サード〔silent third〕』
==============================
 古くからの“黄金比”といわれるカクテルレシピがあります。全量の半分を
ベースに、残りの半分をレモンやライムの酸味と、ホワイトキュラソーなどの
甘みで構成するもの。サイドカーやホワイトレディ、マルガリータやバラライ
カがその代表作です。
 このカクテルだけは、明文化されずにいました。ウイスキーベース、主にス
コッチのサイドカー。作者が誰か、いつ生まれたかもはっきりしないままに語
り継がれてきたクラシック・スタンダード。これから100年先にも残していき
ながら、その出生の秘密に迫りたい一杯です。
                       続きは、カウンターで。

s16_silent-third2.JPG

  ■サイレント・サード〔silent third〕
    30ml   スコッチ・ウイスキー
    15ml   コアントロー
    15ml   レモンジュース
    調合方法:シェーク
    グラス: カクテルグラス

___________________________________

【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第53話 器が先か、発信が先か ◆◇◆
===============================

 夏のモヒートに続く冬のアイコンカクテルづくり。温かいカクテルを何で飲
むかが論点でした。金属製のホルダーが付いた強化ガラスの器は、バーにおけ
るホットドリンクの定番でしたが、あまりにも芸がありません。出番がなく、
棚の奥に眠るティーカップではどうか。それはバーで飲む雰囲気が出ないとい
う意見もありました。

 器がどうあれ、早く発信しようよというのが長嶋の論でした。
 バーで飲むものに取っ手はいらない。わしづかみにして飲む器がどうしても
必要というのが、山本の論でした。

 とはいえ、適した器が思い浮かびません。取っ手がない、熱くても飲めると
なると、湯呑み茶碗が脳裏に浮かぶのは日本人の性でしょう。

 救いのひと言が投じられます。それは当時まだ新しく、翌年にはポピュラー
になるグラス。THE PLACEのDNAともいえる、ソムリエ・木村克己の前衛的
な志向にも重なるグラス選びだったと、今では思います。
                              (つづく)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■実録「カクテルの日」発表会
==============================

 先週の金曜日、ホテルインターコンチネンタル東京ベイにて国内4つのバー
テンダー協会・機構による「5月13日は『カクテルの日』発表会」が行なわれ
ました。

 イベントでは漫画『Bar レモンハート』の作者、古谷三敏さんに漫画『バー
テンダー』の原作者の城アラキさん、作者の長友健篩さんが「カクテルアンバ
サダー」として表彰されたほか、日本を代表するバーテンダーによるカクテル
ブースに人があふれました。

 今日は当日のドキュメント。事前に神経を使ったのは、フレア・バーテン
ダーのリハーサルでした。ステージの広さ、特に天井の低さは演技に影響する
ので気になっていました。実際に会場入りした出演者で日本初の世界チャンピ
オン、金城光浩氏は「うーん、大丈夫ですよー。問題ないです」と余裕の答え。
世界を知る者はさすがです。そしてイベントのトリをしっかりと務めてくれま
した。決して高くない天井で見事に4アイテムの高度な技術を披露し、その場
に集まったカクテル愛飲家とバーテンダーを惹き込みました。さすがです。

 イベント開始前の昼食で、ひと足先に飲んじゃった(!)のは、フレアのMC。
普段のフレアイベントとは違う緊張感があったようですが、これはフライング。

 「ちょ、ちょっと!それはまずいでしょー」
 「いやー、ボク顔に出ないから大丈夫」
 「そういう問題じゃないでしょ。今日何の日だか分かってる?」
 「知ってる。『カクテルの日』でしょ。あ、ビールじゃダメってこと?」
 「そういうことじゃなくってさ。あ〜あ飲んじゃった」

本番では滑らかなMCで場を盛り上げてくれた相性ジャイアン。さすがです。


 それにしても、カウンターに豪華メンバーが揃ったのは、まさに4団体共催
の賜物でした。人間国宝級のバーテンダーを出したHBA、名手の象徴を出し
たPBO、現役世代トップを出したNBA、世界王者の華を見せたANFAと、
それぞれの持ち味が発揮されたと思います。

 歴史的には古いですが、日本におけるカクテルの日はまだ始まったばかり。
まだまだこれからです。今後もカクテルの日を通して、カクテルへの注目が高
まることを期待しながら、各団体の架け橋となるよう努めてまいります。

 さあ、今週末も、カクテルで乾杯!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

明日5月13日は「カクテルの日」

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか?

さて今週は、王道カクテルのご紹介と、「カクテルの日」のご案内を交えて
THE PLACEのメールマガジン、第180号をお届けします。

5月13日はカクテルの日。明日のパーティーは、各会の名バーテンダーが
揃い踏みですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.180 2011/5/12
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.15 『マティーニ〔martini〕』
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『もう覚えてくれましたか? 5月13日は「カクテルの日」』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『格好良かった昔の広告』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.15 『マティーニ〔martini〕』
==============================
 それはカクテルの代名詞。近年では世界中のカクテルリストが“マティーニ・
スタイル”で埋め尽くされるほどの存在感があります。
 英国首相、チャーチルのドライ・マティーニ好きは有名な話。「カクテルの
王様」という異名の通り、絶対的な力強さとファンを持つカクテルです。
 当時のレシピは、スイートヴェルモットを使った甘口のものでした。発祥に
は多くの説が存在しますが、有力な説がありません。
 イタリアのヴェルモット・メーカーの広告宣伝で広まったといわれる一杯の、
謎に包まれたルーツに思いを馳せるのも、このカクテルとの向き合い方かもし
れません。
                        続きは、カウンターで。

s15_martini.JPG

  ■マティーニ(クラシックスタイル)
    45ml   ドライジン
    15ml   スイートベルモット
    ※今日のマティーニはドライベルモットを使用
    調合方法:ステア
    グラス: カクテルグラス

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■もう覚えてくれましたか? 5月13日は「カクテルの日」
==============================

 国内のバーテンダー4団体が共催する『カクテルの日』の発表会が5月13日
に、ホテルインターコンチネンタル東京ベイで行なわれます。

 アメリカの週刊新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」で「カ
クテル」という言葉が定義されたのが1806年の5月13日でした。
 アメリカでカクテルが初めて活字に登場した日にちなんで、この5月13日を
「カクテルの日」、その前後を「カクテル・ウィーク」と呼んでいます。

 5月13日はカクテルの日。

 今回は、カクテルの更なる普及に向けた取り組みと、東北の料飲店の復興支
援に向けて国内のバーテンダー4団体が手を組みました。
 日本のカクテル文化を発展させた各協会の名バーテンダーによるカクテル
パーティーも行なわれます。

 開催に先立ち、『カクテルの日』の公式ウェブサイトが公開されています。

     ■「カクテルの日」公式ウェブサイト『COCKTAILDAY.JP』
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         URL: http://www.cocktailday.jp

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■格好良かった昔の広告
==============================

 ─── ある同業者が、引退したらとたんに老け込んでしまった。お客と毎
日相対することは、バーテンダーをそれほど緊張させる。味は正直だ。
 「今日は元気ないね」とお客に声をかけられるときは、思い切りの悪いカク
テルを作っているものだ。気心の通じたお客にだけお出しする、私の思い切り
ドライなギブソンをご紹介しよう。

 ミキシンググラスにヴェルモットと氷を入れて軽くステア。次のそれを全部
捨てる。ヴェルモットがグラスの肌にうっすら残ったところへ、90mlのよく冷
えたジンを注いでステアする。ヴェルモットがほのかに香るジン、といっても
いいだろう。

 ドライになるほど、腕の差がでる。思い切り腕を振るうために、ジンには妥
協できない。



 これは昔のクラリッジホテルのヘッドバーテンダー、ショーン・ダボラン氏
の言葉です。日本も海外も、バーテンダーの気質、心意気は一緒だなって感じ
ますね。

 さあ、明日はカクテルの日。2年、3年と経つごとに、浸透してくれること
を願います。

 ちなみに、1992年に発売されていた雑誌では、先のダボラン氏の言葉の最後
にこう追記されています。

 「あなたの腕に見合うジン。タンカレー」

 格好いい広告ですねーーー。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

ミントジュレップ週間ですね

子供の日の今日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
連休前に失礼します。広尾のバー、THE PLACEです。
子供っぽいオヤジがいるバー、THE PLACEは、今年のゴールデンウィークは
5月8日(日)の定休日を除き、祝日も営業しております。

さて今週も、ケンタッキー・ダービーにちなんだカクテルをご紹介しながら、
ミントの香りに包まれたさわやかな?、THE PLACEのメールマガジン、第179号
をお届けします。

暑くなってきましたね。
   「夏といえばモヒート、ザ・プレイスでしょ」と、言われます。
            今はTUBEだって、夏以外も活動していますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.179 2011/5/5
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.14 『ミントジュレップ〔mint julep〕』
 【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第52話 夏のモヒート、冬はなんだ? ◆◇◆
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『ケンタッキーダービーの夜も、休まず営業しています』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.14 『ミントジュレップ〔mint julep〕』
==============================
 毎年5月の第一土曜日に開催されるアメリカ競馬の祭典「ケンタッキー・
ダービー」のオフィシャルカクテル。1週間前から行なわれるフェスティバル
を通じて、10万杯もの量が飲まれていることでもよく知られています。
 1803年の歴史資料には「バージニアの人々は、朝の目覚ましにミントジュレ
ップを飲んでいる」という記述が残されています。今日ではバーボンが使われ
ていますが、当時はワインやブランデーで作れられたと考えられています。ま
た、シャンパンを使ったジュレップも1800年代末には考案されており、今でも
好きなお酒をベースにして創造性や遊びが広がるロングセラー・ドリンクです。

                       続きは、カウンターで。

s14_mint-julep.JPG

  ■ミントジュレップ〔mint julep〕
    45ml   バーボンまたはライウイスキー
    適量   ミントの葉
    1tsp   砂糖
    適量   ミネラルウォーターまたは炭酸水
    調合方法:ビルド
    グラス: 大ぶりのグラスにミントの葉、砂糖、少量の水または
         炭酸水を入れてつぶし、クラッシュアイスを詰める。
         ウイスキーを注ぎ、お好みで水や炭酸水を再度加える

    ※ケンタッキー・ダービーは今年で第137回。5月7日(土)開催です。

___________________________________

【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第52話 夏のモヒート、冬はなんだ? ◆◇◆
===============================

 そのカクテルが評判になればなるほど、不安要素が膨らんできました。100
種類のモヒートはその後もメーカー、酒販店の協力で、THE PLACEのアイコン
カクテルとなり、今日に至ります。欲をかいた私たちは、冬の評判になるよう
なドリンクの開発を急ぐことになります。

 この時にモヒートの成功ポイントが生きてくるのです。メジャーな存在では
なくても、既に存在するもの。バーテンダーが面倒がるもの。創造性や拡張性
のあるもの。もうひとつ、強烈なインパクトをもたらすこと。これは今回は見
送り、そのものが少しずつ、何年かの歳月を経て浸透することを願いました。

 要は温かいカクテルですが、ここでチーム内での“器論争”が始まります。

                              (つづく)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■ケンタッキーダービーの夜も、休まず営業しています
==============================

 メールマガジンが始まって4回目のゴールデンウィークを迎えています。早
いものですね。そしてこの時期になると毎年決まって、ミントジュレップとケ
ンタッキー・ダービーのお話をしています。
 アメリカで行なわれている、競馬のクラシック三冠の第1冠「ケンタッキー・
ダービー」のオフィシャルドリンク、開催期間中に10万杯飲まれているのが、
「ミントジュレップ」です。

 もともとがワインベース、そしてブランデー、後にバーボンをベースとなり、
シャンパンジュレップも古くから存在します。昨年は海外で人気(かどうかは
わかりませんが)のユズ・ジュレップなるカクテルの存在もお伝えしました。
ユズ・ジュレップその後、どうなったのでしょうか。創作カクテルの難しさを
感じます。

 今年で137回目のケンタッキー・ダービー。オフィシャルカクテルは変わり
ませんが、ベースとなるオフィシャルバーボンは毎年変化があるようです。
これは大人の事情、といったところなのでしょうか。
 ミントジュレップのグラスも毎年販売されておりますが、ロゴも毎年変わり
ます。コレクター魂をくすぐるような商魂たくましさを感じますね。


 さてTHE PLACEは、ケンタッキー・ダービーを含む5月初旬。5月8日(日)
だけをお休みとさせて頂き、それ以外は祝日も休まず営業しております。

 Uターンラッシュも今日がピークといわれている5月5日。皆さま、残りの
黄金週間、連休明けの活力を養いながら、心休まるお時間をお過ごしください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

本日公開!「カクテルの日」公式ホームページがオープン

ゴールデンウィーク直前のお知らせになりましたが、THE PLACEは4月29日(金)
はお休みとさせていただき、5月2日(月)〜7日(土)は祝日でも営業致します。

さて今週は、5月といえばこのカクテル。アメリカ競馬の祭典、ケンタッキー
ダービーにちなんだカクテルをご紹介しながらのTHE PLACEのメールマガジン、
第178号をお届けします。

「5月13日はカクテルの日」。公式ウェブサイト< http://www.cocktailday.jp >
がオープンしました。こちらもよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.178 2011/4/28
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.13 『オールド・ファッションド〔old fashioned〕』
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『本日公開!「カクテルの日」公式ホームページがオープン』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『皆さまどうぞ、心休まる連休をお過ごしください(営業します)』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.13 『オールド・ファッションド〔old fashioned〕』
==============================
“好みの味に自分で調整する”という珍しいカクテルは、19世紀半ばの生まれ。
ウイスキーベースのレシピは、アメリカ・ケンタッキー州で競馬ファンのため
に創作されたものとされていますが、後に英国首相チャーチルの母、マンハッ
タンを創ったとも言われるジェニー・ジェローム令嬢の作という説もあり、出
生は謎に包まれています。
 お好みのスピリッツやフルーツを使って、自分の味を見つけ出しても面白い
遊び豊かな一杯。ロックグラスを指す「オールド・ファッションド・グラス」
という名称は、このカクテルが基になったという点でも、功績の多い一杯です。

                       続きは、カウンターで。

s13_old-fashioned.JPG

  ■オールド・ファッションド〔old fashioned〕
    45ml   バーボンまたはライウイスキー
    1個    角砂糖
1〜3dash アンゴスチュラ・ビターズ
    調合方法:ビルド
    グラス: オールド・ファッションド・グラス(ロックグラス)
    カットオレンジやレモン、チェリーなどを飾り、マドラーを添える。
    飲み手は角砂糖やフルーツなどを潰し、好みの味に仕上げて楽しむ。

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■本日公開!「カクテルの日」公式ホームページがオープン
==============================

 国内のバーテンダー4団体が共催する『カクテルの日』発表会が5月13日に、
ホテルインターコンチネンタル東京ベイで行なわれます。

 開催に先立ち、『カクテルの日』の公式ウェブサイトが本日公開されました。

     ■「カクテルの日」公式ウェブサイト『COCKTAILDAY.JP』
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         URL: http://www.cocktailday.jp

 このサイトは、カクテルの日に関する由来や発表会イベントの情報のほか、
カクテルの日以降も、カクテルの基礎知識やバーテンダーによるコラム、各団
体や酒類メーカーによるイベント情報など、カクテルの魅力を発信していく
ポータルサイトとしてコンテンツを増やしてまいります。

 クラシックカクテルの物語(どこかで見たような)も、写真とともに続々と掲
載される予定です。皆さまにも、カクテルの魅力と各団体の新しい試みをお伝
えしたく、ぜひご覧ください。


     ■「カクテルの日」公式ウェブサイト『COCKTAILDAY.JP』
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         URL: http://www.cocktailday.jp

 この写真、どこかで見たような・・・?
そうです。制作は全日本フレア・バーテンダーズ協会とバー、THE PLACEで。
画像は今のところ、THE PLACEが提供しています。


___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■皆さまどうぞ、心休まる連休をお過ごしください(営業します)
==============================

 カクテルの日、先週に引き続き、ぜひ皆さまにも口コミのご協力をお願いい
たします。

 日経レストランのウェブ版とメールマガジンの記者の目「編集部のマルチス
コープ」でTHE PLACEでのエピソードを少しだけ、ご紹介頂きました。当の私
たちにも知らされていない中で、受信したメールを見てビックリ。とてもびっ
くり。人の背中を押して(中には自ら出てくれる人もいますが)、取材や撮影に
“出させる”仕事が主の私ですが、自分が出るのはいまだに苦手ですね。でも、
今回は嬉しかったです。嬉し恥ずかし、というのを実感しました。


 さて、ゴールデンウィークを迎えます。東日本の外食産業すべてが、始めて
迎える複雑なの大型連休ですが、明るいお話をすると、5月はカクテルの話題
でいっぱい。ですからTHE PLACEも下記の通り、概ね営業致します。

 4月29日(金)       お休み
 4月30日(土)       通常営業
 5月1日(日)       定休日
 5月2日(月)〜7日(土)  営業(18:00〜2:00)

5月のカクテルといえば、ミントジュレップ。アメリカ競馬の祭典、ケンタッ
キーダービー(今年は5月7日)の公式カクテルです。ちなみに、今週ご紹介し
たカクテル「オールド・ファッションド」もケンタッキーダービーにちなんだ
カクテルなのです。

 ケンタッキーダービーが終われば、13日の「カクテルの日」。そして私たち
は、モヒートの季節に入っていくでしょう(2011年版レシピは、まだ考えてい
ません)。
 ゴールデンウィークはカクテルウィーク。5月はカクテル月間です。反面、
今年は複雑な気持ちの大型連休です。どうか皆さま、心休まる連休をお過ごし
ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

国内4つのバーテンダー協会による「カクテルの日」発表会。5月13日に

このメルマガでは何度かお伝えしてきましたが、「5月13日はカクテルの日」
という内容で、日本の4つのバーテンダー協会から正式に発表されました。

さて今週は、シンプルで力強く、ちょっと皮肉なカクテルをご紹介。そして、
これであなたもウイスキー博士?、どんなウイスキーでも科学的な裏付けと
ともに、正しく表現できる方法をお伝えしながらTHE PLACEのメールマガジン、
第177号をながちゃんさんにお届けします。

「スティンガー=皮肉を言う人」。私のことですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.177 2011/4/21
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.12 『スティンガー〔stinger〕』
 【2】バーとお酒にまつわるニュース
    『「カクテルの日」発表会、5月13日に開催』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『どんなウイスキーでも正しくコメントできる2つの方法』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.12 『スティンガー〔stinger〕』
==============================
 しっかりと重みのある飲み口とハーブの香りが刺激的なカクテルは、1900年
代初頭のニューヨーク“コロニーレストラン”で名付けられたもの。
 “針”というストレートなネーミングには、ミントの爽快感と甘い飲み口の
奥にあるブランデーのしっかりとした強さから。後から効いているという事か
ら、“皮肉を言う人”という意味も込められているそうです。
 「ジャッジ・カクテル」と呼ばれ、1890年代から広まっていたノスタルジッ
クなカクテル。昔の名前は忘れ去られても、世界中のカクテルブックに登場
する万国共通、食後向けの一杯です。
                      続きは、カウンターで。

s12_stinger.JPG

 ■スティンガー〔stinger〕
    45ml     ブランデー
    15ml     ホワイトミントリキュール
    調合方法:  シェーク
    グラス:   カクテルグラス
    ※ホワイトミントをグリーンミントに替えると、すごい色になる。

___________________________________

【2】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■「カクテルの日」発表会、5月13日に開催
==============================
logo_cocktailday4c.jpg
 国内4つのバーテンダー協会・団体が、
日本に於いては初めてとなる『カクテル
の日』発表会を開催(共催)します。

 各協会で構成するカクテルの日実行委
員会では、“5月13日は『カクテルの日』”
とするためのイベント企画や準備を進め
ておりました。今般の震災を受け、発表
会を行うべきか大変苦慮するところであ
りました。一方で、元気を出さなければ
復興など叶うものではなく、そして皆様
方からの心強いご支援の言葉も頂き、当
初の通り、来る5月13日に『カクテルの日』の発表会を開催する運びとなりま
したのでご案内します。

 『カクテル』は酒や果汁との調和によってつくりだされます。4つの協会が
調和することにより、新しい味わいがつくりだされようとしています。さらに
新たな素材(その他の協会や団体など)も加われば、まさに『カクテル』時代
が到来するのかもしれません。
 各協会とともにTHE PLACEでも、新しい飲酒文化のムーブメントとして『カク
テルの日』を伝え広めてまいりたいと願っています。



■「カクテルの日」発表会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 期 日: 平成23年5月13日(金)
 時 間: 午後3時〜5時 (受付2時30分より)
 会 場: ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 5階 ウイラード 
      〒105-8576 東京都港区海岸1-16-2 電話03-5404-2222
 会 費: おひとり様 ¥10,000

●『カクテル・アンバサダー賞』表彰式

 ◆漫画家 古谷三敏 氏(BARレモン・ハート 他)
 ◆漫画原作者 城アラキ 氏(漫画・アニメ・ドラマ『バーテンダー』他)

以上のお二人を表彰『カクテル・アンバサダー賞』を授与いたします

●日本のトップバーテンダーによるカクテルの饗宴

 同日会場内にて『至高のカクテル』と題し、現在日本におけるトップ・
 バーテンダーによるスペシャル・カクテルの実演

お問い合わせ窓口代表 :
     HBA社団法人日本ホテルバーメンズ協会(TEL:03-3237-0263)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■どんなウイスキーでも正しくコメントできる2つの方法
==============================

 カクテルの日、ぜひ皆さまにも、口コミのご協力をお願いいたします。

 カクテルは色、香り、味、レシピとネーミング、テーマ性などいろいろな楽
しみがあるのですが、今週は香りのお話です。
 チーフの山本からすると後輩、広報・長嶋からすると先輩にあたるバーテン
ダーが今、分子工学を用いたカクテルの世界の先端をアカデミックに追及して
います。
 ワインやウイスキーをはじめとして、利き酒では色の次に香りを、様々な用
語や対象物で表現されています。例えば赤ワインですと、黒すぐりや柑橘、シ
ナモンやスパイス、花、猫のおしっこなどなど、香りを表現する単語だけでも
たくさんの言葉があります。この中に頻出する「フランボワーズの香り」とい
う表現に、氏が注文を付けました。

 皆さんご存じですか? 想像してみましょう。フランボワーズの香り。

 実は、フランボワーズには科学的に、香りが存在しないのだそうです。噛み
つぶした後に、口内を通って鼻に抜ける香りのようなものを、私たちはフラン
ボワーズの香りと認識しているのかもしれません。
 しかしながら、ワインを表現する時のあの香りは、外気として鼻から感じる
もの。ここにフランボワーズは存在しないわけです。味や香りの表現にも、明
確な根拠が求められることが分かりました。

 さらに、ウイスキーには「ハニー」「ナッティー」という表現があります。
この2つはすべてのウイスキーに該当するだけでなく、「ウッディー」という
言葉も樽熟成をしているすべてのお酒に対して、正しい表現になるそうです。
言われてみれば納得ですね。


 皆さん、お酒についてコメントする際には、正しい言葉、根拠ある表現を使
いましょう。

 「そんなこと言われても」とおっしゃる方、ご安心ください。ウイスキーに
限りますが、味わってコメントする際には「ハニーでナッティー」。
 こう言えば、間違いありません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

“唯一無二”のカクテルなのに、レシピは3つ

震災からひと月が過ぎました。またこの数日は、余震が増えて不安な日が続き
ますが、広尾のバーは桜とともに、ほっとできるひと時と、遊びと愉しみを
ご用意しています。

さて今週は、唯一無二の存在なのに、レシピは3つ。どれもカクテルの世界で
は有名な一杯や、バー業界なつかしのPR誌が見られるサイトをご案内しながら
THE PLACEのメールマガジン、第176号をお届けします。

malt-wineglass.JPG

シングルモルトのトワイスアップをワイングラスで。
先週に引き続き、おすすめです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.176 2011/4/14
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.11 『マウント・フジ〔mt. fuji〕』
 【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第51話 共に歩むということ ◆◇◆
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『HBA広報PR誌「STIR“ステア”」アーカイブ』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.11 『マウント・フジ〔mt. fuji〕』
==============================
 その名や由縁のどれをとっても日本生まれと分かるスタンダードカクテル。
外国人にも人気の「マウント・フジ」は唯一無二の山ですが、カクテルの世界
ではいくつかのフジヤマが存在します。
 いずれも富士山をイメージしたものですが、その発祥によってレシピが異な
るのは、どこから見るかで違った表情を見せる富士山そのもののようです。そ
してどこから見ても美しい富士山のように、どれを飲んでも味わいのある不二
のグラス。一般的に普及しているレシピと、外国人観光客をもてなすホテルで
生まれたレシピ。不朽の名作それぞれを楽しむのも、上質なバー遊びかもしれ
ません。
                       続きは、カウンターで。

s11_mt-fuji.JPG.JPG

  ■マウント・フジ〔mt. fuji〕※帝国ホテルオリジナル
    45ml  オールドトムジン
    1tsp  マラスキーノ
    15ml  レモンジュース
    1tsp  パイナップルジュース
    1tsp  シュガーシロップ
    1個分  卵白
    2tsp  生クリーム
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス
        レッドチェリー1個をグラスの縁に飾る

    ※帝国ホテルのオリジナルとして有名なもので、既に1924年には
     オン・メニューされていたといわれています

  ■マウント・フジ〔mt. fuji〕※富士屋ホテルオリジナル
    ジン
    パイナップルジュース
    卵白
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス

    ※1937年(昭和12年)富士屋ホテルのメニューで紹介されていた
     歴史あるカクテル

  ■マウント・フジ〔mt. fuji〕※NBAスタンダードカクテル
    2/3   スイートベルモット
    1/3   ホワイトラム
    2tsp  レモンジュース
    1dash  オレンジビターズ
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス

    ※1939年にスペインのマドリードで開かれた世界カクテルコンクール
     に、日本バーテンダー協会が出品したもの

___________________________________

【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第51話 共に歩むということ ◆◇◆
===============================

 バーとして酒を売るのではなく、時間と空間、遊びや愉しみを提供するとい
う考えが軸になってからは、お客さま以外の人たちとの間柄も変わりました。

 パンフレットを手に商品説明を聞き、売り込みと価格交渉の応酬だったメー
カーや酒屋さんとも関係も「どうすれば楽しみが広がるか」という建設的な議
論に変わりました。
 時にはメーカーのオフィスを訪ね、リキュールのカクテルレシピ開発や販促
を考えることもありました。議論のメンバーも、営業マンとマーケティング担
当者、バーテンダーの3者会談の図式も増えました。そこから生まれた飲み方
提案や、関連アイテムも増えてきました。

 カウンターを挟んで向き合うという間柄が、肩を並べ、同じ方を向いて話す
ようになっただけで、パートナーシップにも遊びと愉しみが生まれました。

                              (つづく)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■HBA広報PR誌「STIR“ステア”」アーカイブ
==============================

 東京はすっかり春の装いとなりました。いつもの春とは違った気持ちで迎え
た春です。いつもと変わらず見事に咲いては散る桜を眺めると、別の視点から
自然の力を感じます。

 春になり、バーテンダー4協会による「5月13日はカクテルの日」の普及、
啓蒙活動も本格化してまいりました。同日は竹芝のホテルインターコンチネン
タル東京ベイで、イベントが行なわれることも決定しました。
 ただ今「カクテルの日」の公式ホームページも制作中。今後、このウェブサ
イトが4協会で運営する飲酒と飲料のポータルサイトになっていくでしょう。

 もちろん、各協会にも既にウェブサイトがあります。国内最大のNBA(日本
バーテンダー協会)は本部サイトのほか、全国の各支部が独自にサイトを開設
していますし、PBO(プロフェッショナル・バーテンダーズ機構)は、イベント
情報に加えコラムも充実。ANFA(全日本フレア・バーテンダーズ協会)は映像
を交え、エンターテインメント性豊かなスタイルを強調しています。
 そして今日お伝えするのは、ホテルバーで構成されるHBA(日本ホテルバーメ
ンズ協会)のサイトです。

 ここには今、なつかしのコンテンツが掲載されています。HBAが発行、無料
で配布していたPR誌(広報誌)「STIR(ステア)」は当時、ホテルバーのお客さま
だけでなくバーマンにも人気でした。
 いま見ても、ずいぶんと資源を使って構成されていたのが分かります。海外
のホテルバー紹介や女優さんを招いての対談、バーテンダー向けの情報など
豊富な情報誌でした。

 季刊誌として創刊号(1980年秋号)から21号(1986年秋号)まで制作の後、休刊
となっているこの誌面が、HBAサイトに掲載されています。

 当時からバーでの楽しみを続けていらっしゃる方には懐かしく、今のバーを
楽しむ方にも温故知新の内容です。よろしければご覧ください。

 ■HBA広報PR誌「STIR“ステア”」アーカイブ
 http://www.hotel-barmen-hba.or.jp/stirarchives.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

シングルモルトもグラスで味が変わります

ようやく桜の季節になりましたね。今週はカクテルも、物語も桜満開。
広尾の桜は今年もほかより長く、咲き続けるでしょう。

そして今週は、シングルモルトの美味しいところだけを際立させる、
楽しい飲み方をご紹介しながらTHE PLACEのメールマガジン、第175号を
お届けします。

シングルモルトのトワイスアップをワイングラスで。
これ、本当におすすめです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.175 2011/4/7
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.10 『チェリー・ブロッサム〔cherry blossom〕』
 【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第50話 その場所の夜桜はひと月つづく ◆◇◆
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『シングルモルトはグラスによって天使にも悪魔にもなる』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.10 『チェリー・ブロッサム〔cherry blossom〕』
==============================
 世界に誇る日本生まれのカクテルを挙げろと言われたら、これを外すわけに
はいきません。
 横浜のバー『パリ』のオーナー、田尾多三郎氏によって創作されたカクテル。
いつしか海を渡り、カクテルブックの聖書というべき『Savoy Cocktail Book』
(ロンドン)にも掲載されました。
 1930年頃のオリジナルレシピは、ブランデーとチェリーブランデーが同量の
もの。今日では、若干異なるレシピで提供されていますが、どちらも華やかに
咲いたと思えばはかなくも潔く散る桜の姿に魅せられる、日本人の心を映して
いるような一杯です。
                       続きは、カウンターで。

s10_cherry-blossom.JPG

  ■チェリー・ブロッサム〔cherry blossom〕
    30ml  ブランデー
    10ml  チェリー・ブランデー
    10ml  オレンジキュラソー
    10ml  レモンジュース
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス

  ■チェリー・ブロッサム〔cherry blossom〕※オリジナルレシピ
    30ml  ブランデー
    30ml  チェリー・ブランデー
    1dash  オレンジキュラソー
    1dash  レモンジュース
    1dash  グレナデンシロップ
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス

___________________________________

【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第50話 その場所の夜桜はひと月つづく ◆◇◆
===============================

 気分が華やぐ春ですが、広尾の春を楽しみにしてくれる方が多くいらっしゃ
います。桜の季節には品種を変えて、また桜前線とともに南方から北上する見
ごろの桜が楽しめます。
 その長さ、約1カ月。4週間にわたって愛でられる夜桜スポットとして、毎
年のお便りにも力が入るようになりました。

 四季の移ろいを表わすのに、花はもっとも伝えやすいもの。バーを「総合芸
術」と表現した方がいます。実際にそうしたバーは少数ですが、閉ざされた薄
暗い空間だからこそ、四季の移ろいをしつらえる店は少なくありません。

 はかなさや潔さはありませんが、長く楽しめる春の訪れ。散らない春はあり
ませんが、散っても散っても姿を変えてはよみがえる姿がいつしか人気となり
ました。
                              (つづく)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■シングルモルトはグラスによって天使にも悪魔にもなる
==============================

 THE PLACEのメニューを一部差し替えました。この春おすすめのウイスキー
は、「シングルトン12年」です。先週お伝えしたとおりのオフィシャルボトル、
別に広尾でなくても楽しめるお酒ですが、そこは大人の遊び場です。少しだけ
遊んでみましょう。

 このモルトに合わせたグラスをいただきました。リーデル社製のピノノワー
ルグラス。もとはブルゴーニュワインなどを美味しく飲むためのシェイプのも
のです。これがシングルトンのトワイスアップ(1対1の水割り、氷なし)を驚く
ほど美味しくします。試しに別のグラスで飲むと、香りも味も別物になってし
まうのがまた面白い。

 そこで私たちは考えました。モルトも個々の「美味しいところ」を引き出す
グラスがあるのではないかと。ワインは、多種多様なものを統一規格のもとで
比較するためのテイスティンググラスと、個々のワインの魅力引き出し、ウィ
ークポイントを目立たなくするグラスがあります。
 これまでモルトは均一のグラス、テイスティンググラスで味わうのが主流で
した。しかし、見方によればワイン以上に個性的なシングルモルトの世界です。
産地、樽の材質、熟成年数によってまったく違う姿になります。

 試しにこの、シングルトン用のグラスでピートが効いた歯医者さんの香りた
っぷりのアイラモルトを飲んでみました。楽しくない。やわらかさがある反面、
アイラの個性が半減するのです。このときは、フルート型のシャンパングラス
がもっとも美味しくなりました。

 ちょっと面白くなってきましたよ。モルトとグラスの関係。個々のモルトに
合ったグラスを探す楽しみを、スタンダードなモルトで楽しんでみませんか?

malt-wineglass.JPG

 THE PLACEからご提案するこの春の、ハイボールではない大人のモルトの楽
しみ方と遊び方。お好きなモルトがさらに美味しくなるグラスを探しましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

「カクテルの日」説明会に80人

至るところで、こんな時だから外食をしましょうよ、買い物をしましょうよ、
という動きが見え始めました。自粛ムードとのバランスや、経済の停滞を気に
し始めたのか、街にも人の姿が増えてきたように感じます。
買い過ぎ、買い占めはよくありませんが、消費をすることも、いま自分たちに
できる小さなことなのかもしれません。

今週は「お酒文化を盛り上げていきましょう」という動きに、業界をあげて
取り組もうというお話を交えて一日遅れのTHE PLACEのメールマガジン、
第174号をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.174 2011/4/1
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】バーとお酒にまつわるニュース
    『「カクテルの日」説明会に80人』
 【2】THE PLACEのカクテルブック
    file no.9 『マンハッタン〔manhattan〕』
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『今を生きるウイスキーの美味しいところだけを引き出す飲み方』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】バーとお酒にまつわるニュース
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■「カクテルの日」説明会に80人
==============================

 カクテルの更なる普及に向けた取り組みと、東北の料飲店の復興支援に向け
て国内のバーテンダー4団体が手を組みました。

 (社)日本ホテルバーメンズ協会をはじめとした国内4つのバーテンダー協会
と機構が3月30日(水)に「カクテルの日」に関する説明会を京王プラザホテル
で行ない、酒類・飲料関連の企業向けに協力を訴えました。

 「カクテルの日」はアメリカで初めてカクテルの定義づけ活字となった5月
13日のことで、日本でもこの日の認知度を高めていこうというもの。バー業界
全体で、協会・団体の隔たりのない情報発信を通じて、カクテル文化と酒類・
飲料文化の魅力づくりに努める活動方針が発表されました。

 東日本大震災の後、活動方針やイベント開催に賛否あることが想定されてい
ましたが、当日は酒類・飲料メーカーなど80人以上の関係者が集まりました。
東北の料飲・外食産業の復興支援が盛り込まれたプランに多くの賛同があり、
業界全体でこの難局に立ち向かう意思が確認されました。

___________________________________

【2】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.9 『マンハッタン〔manhattan〕』
==============================
 カクテルの王様がマティーニならば、マンハッタンはカクテルの女王。マテ
ィーニをこよなく愛したのは英国首相ウィンストン・チャーチル。マンハッタ
ンを考案したとされるジェニー・ジェローム令嬢は、その後にチャーチルの母
になる人物でした。
 第19代アメリカ大統領選挙の候補者支援パーティーが行なわれた1876年に、
マンハッタンフラブで考案されたといわれています。
 カクテルが世界で最初に定義づけされた1806年、カクテルとは「選挙運動の
妙薬」と表現されました。マンハッタンはまさに、当時の定義に忠実な一杯の
ひとつだったのかもしれません。
                       続きは、カウンターで。

s09_manhattan2.JPG

  ■マンハッタン〔manhattan〕
    2/3   バーボンまたはライウイスキー
        あるいはカナディアンウイスキー
    1/3   スイートベルモット
    1dash  アンゴスチュラビターズ
    調合方法:ステア
    グラス:カクテルグラス
    カクテルピックに刺したレッドチェリーを沈め、レモンピールを
    振り掛ける。

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■今を生きるウイスキーの美味しいところだけを引き出す飲み方
==============================

 バーで出会った美味しいお酒の名前、家に帰ったら忘れちゃった。ってこと、
よくありませんか?

 2週間ほど間が空きましたが、今週はウイスキーのお話です。

 THE PLACEはモルト専門店ではありませんので、ウイスキーも分かりやすさ
を大切にしています。バックバーのウイスキーは、基本的にオフィシャルボト
ルを並べます。オフィシャルボトルとは、いわゆる蒸留所の自社ブランドです。
 一方、ウイスキーにはボトラーズ・ブランドというものが多数存在します。
“瓶詰め業者”と訳されるボトラーズとは、蒸留所から原酒を買って製品化す
る人たちです。独自に熟成を行なうことも多く、オフィシャルを凌駕するボト
ルが世に送り出されます。それゆえ、評論家からも高い評価を得ています。

 それでも私たちは、オフィシャルボトルを並べます。近年のシングルモルト
市場を席巻しているのはボトラーズですが、樽の材質や熟成期間、流通ルート
などがあまりにも多様すぎて、モルト上級者でなければ、どれが本当の味なの
かが分からない一面を持ちます。
 オールドボトル。同じ蒸留所、オフィシャルボトルでも遠い昔に作られたお
酒はいい味を出しているといいますが、これにも限界があります。
 オフィシャルボトルは味、色合いや香りに「うちのお酒はこれですよ」とい
うメーカーのメッセージが込められたもの。いつでも安心して、気に入ったお
酒を楽しんで頂けるものでしょう。どこでも楽しめる、ラベルから記憶しやす
いのもオフィシャルボトルです。

 オフィシャルボトルは、オフィシャルボトルの魅力があると思います。オー
ルドボトルではなく、いまを生きるウイスキーだからこそ、その魅力を引き出
してあげる飲み方があるのではないかと、THE PLACEは考えました。

 そして、あるメーカーの協力によって発見しました。いまを生きるウイス
キーの、美味しいところだけを引き出す飲み方。広義でいえばカクテルかもし
れませんが、カクテルではありませんよ。

 ウイスキーも、ちょっと知的な遊びでさらに美味しく。続きは、カウンター。
あるいは来週のこの場所でお伝えしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

オールド・パル

今週から、営業時間を通常期に戻しました。18時から深夜2時まで、店が続け
られることに感謝しながら、普段通りに店を開けています。
今週のカクテルはドラマ「バーテンダー」でも紹介されたオールド・パル。
そして店にも、5年ぶりにオールド・パルが来店されましたというお話を交え
て、THE PLACEのメールマガジン、第173号をすべてのオールド・パルにお届け
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.173 2011/3/24
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.8 『オールド・パル〔old pal〕』
 【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
    ◇◆◇ 第49話 物語はカウンターから始まる ◆◇◆
 【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『カクテル以上に気持ちをあたたかくするもの』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.8 『オールド・パル〔old pal〕』
==============================
 透き通った美しい赤が印象的なグラスは、禁酒法時代から交わされていた友
情の証。ウイスキーをベースにイタリアの象徴であるカンパリ、フランスのヴ
ェルモットを同量ずつ混ぜるレシピは、「古くからの仲間」を意味するその名
にふさわしい「旧友同士」のマリアージュです。
 名著「Savoy Cocktail Book」でも1930年の初版から紹介されている、ウイ
スキーカクテルのスタンダードです。旧知の友と語り合うには格好の一杯。そ
の味わい深さとほろ苦さは、ひとりで過ごすカウンターでもかつての思い出に
浸れる一杯でしょう。
                       続きは、カウンターで。

s08_old-pal03.JPG

  ■オールド・パル〔old pal〕
    1/3   ライ・ウィスキー(またはカナディアン・ウィスキー)
    1/3   ドライヴェルモット
    1/3   カンパリ
    調合方法:ステア
    グラス:カクテルグラス

___________________________________

【2】THE PLACE 七転び八起きのものがたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◇◆◇ 第49話 物語はカウンターから始まる ◆◇◆
===============================

 経験が邪魔をすることがあります。お客さまの人数や雰囲気を何となく感じ、
カウンターかテーブル席かを何となく決めて、何となく案内しているのです。

 「テーブルのお席へどうぞ」
 「カウンターじゃダメですか?」

そう言って目の前に腰をかけたお客さまは、その後5年経っても同じ席に帰っ
て来てくれました。人の縁も、バーやお酒との関わりも、すべてはカウンター
から始まるのでした。

 まずはカウンターを勧めてみる。テーブルを指定席にする常連さんにも、時
折りカウンターに案内してみる。景色だけでなく味わいも、関わり方も違う事
に目を逸らしていた停滞期でした。

 この単純なことに気付くのに何年もかかりましたが、カウンターから物語を
始めたら、様々なことが変わってきました。
                              (つづく)

___________________________________

【3】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■カクテル以上に気持ちをあたたかくするもの
==============================

 東京では交通網の機能不全が、地方では計画停電が続いています。こうした
時期ですから、私たちも節電に心がけつつ、照明は暗めに、気持ちは明るく皆
さんをお迎えしようと思っています。

 先日、本当に久しぶりのうれしいご来店がありました。先にお伝えした「物
語はカウンターから始まる」の「カウンターじゃダメですか?」の方々です。
その日も静かな夜でした。イベントでカクテルを振る舞いたいとのことで、真
夜中のカクテル教室が始まりました。その後、イベントが成功したのかも分か
らず、その方との連絡は途絶えました。何年も前のことです。

 その方は先日、前回と同じ春が近い時期に突然いらっしゃいました。聞けば
回復まで何年もかかるほどに体調を崩されていたそうです。5年ぶりのご来店。
5年も経っていたことは、僕らも忘れていました。
 5年ぶりのTHE PLACEで、前回と同じ人と、同じ席でカクテルを飲んでいます。
5年ぶりだと教えてくれたのはマネージャーさんです。このマネージャーさん
だからこそ、5年かかっても復活されたのだと思います。

 カウンターから始まった物語のひとつが、5年の中断を経て動き始めました。

 ほかにも「いつもだけど、店は大丈夫?」(「いつも」は余計だ)と心配し
て来て下さる皆さま。この場をお借りして本当に感謝の気持ちをお伝えしたく
思います。バーは皆さんを明るくする場所ですが、今回ばかりはお客さまから
勇気づけられる日々です。

 今週から、18時〜深夜2時まで、営業時間を通常に戻しました。僕らにとっ
てお客さまは、何年たっても大切なオールド・パル。照明は暗いですが、気分
は明るく、チーフバーテンダーがホットでクールでハートウォーミングなオヤ
ジギャグで、皆さまを心からあったかい気分にして差し上げましょう。


 東京上空に寒波がやってくるそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

それでも僕らはカウンターに立ちます

この度の東日本巨大震災におきまして被害に遭われたすべての皆さまに心より
お見舞い申し上げます。
地震を発端とした多くの困難の中で、バーもこれまでと同じようにはお迎えで
きない状況が続いております。私どもTHE PLACEも当面の間、営業時間を18:00
から23:00に限定しての営業とさせていただくことをお許しください。
私たちの少しずつ、できる限りの我慢は、遠くで耐え忍ぶ誰かの笑顔につなが
ることだと思います。
THE PLACEのメールマガジン、本日は内容を若干変更してお届けいたします。
このような時期ですが、世の中にバーが存在する意味をかみしめながら、今週
もバーがお伝えすべき飲料文化と楽しみをお伝えしたいと思います。

皆さまと、皆さまにとって大切な方々のご無事と、心身ともに健やかな日々が
戻って来ますことを信じ、心よりお祈り申し上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   BARとお酒の他愛のない話
 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
              THE PLACEメールマガジン Vol.172 2011/3/18
                      http://www.bar-place.com


■■ I N D E X 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 【1】THE PLACEのカクテルブック
    file no.7 『シャムロック〔shamrock〕』
 【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
    『それでも僕らはカウンターに立ちます』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【1】THE PLACEのカクテルブック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■file no.7 『シャムロック〔shamrock〕』
==============================
 世界のバーでは3月に入ると、緑色のカクテルの注文が増え始めます。3月
17日は、ウイスキーの世界5大産地のひとつであるアイルランドにキリスト教
を広めたセント・パトリックの命日。この日は緑色のものを身につけたお祭り
が催されます。
 アイリッシュ・ウイスキーの味わいを軽やかにするドライ・ヴェルモット。
2種類のハーブリキュールが爽快な香りを感じさせてくれます。
 シェークして作る、ふんわりとした柔らかさを感じるカクテル。ステアする
作り方なら、シャープな仕上がりも楽しめます。
 アイルランドの風を感じるような、しなやかな一杯です。

                       続きは、カウンターで。

s07_shamrock.JPG

  ■シャムロック〔shamrock〕
    30ml  アイリッシュ・ウイスキー
    30ml  ドライ・ヴェルモット
    3dash  シャルトリューズ・ジョーヌ
    3dash  グリーン・ミントリキュール
    調合方法:シェーク
    グラス:カクテルグラス

___________________________________

【2】今週のTHE PLACE カウンター便り
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ■それでも僕らはカウンターに立ちます
==============================

 こんにちは、皆さまご無事でいらっしゃいますでしょうか。THE PLACE広報
の長嶋です。
 まさに今、日本中が震えています。先週の金曜日に起きた東日本大震災の時、
私は品川駅構内にいました。生まれて初めての長く大きな揺れに強い危機を感
じた私は、電車での移動を早々にあきらめ、徒歩で広尾に向かいました。

 チーフバーテンダーの山本は、もはや陸の孤島におり、出勤が不可能、シェ
フの原田も大渋滞に巻き込まれました。ただ、誰ひとり事故も怪我もなく、店
内も無傷だったのは奇跡といえるぐらいの幸運です。その夜は、新人の藤本と
店を守り、次の日からは山本、原田も戻って元通りの営業をしています。

 都内でも何軒ものバーが大きな打撃を受けました。被災地では今日、明日を
生きようとする人であふれています。この時期にバーなんてやってていいのか。
お酒飲ませている場合かと思いながら、それでもバーテンダーは、カウンター
に立っています。

 昨日、国内のバーテンダー協会・団体の合同会議がありました。これまで、
5月13日の「カクテルの日」制定と発表を目指していたメンバーが、どうすれ
ばバー業界、外食産業の復興に役に立てるか、東北のバー業界を盛りたてられ
るかを話し合いました。その中で、自粛ムードの私たちをも勇気づけられる印
象的な発言がありました。


 ─── 営業したくてもできない店がある中で、できる人はそのことに感謝
 して、店を開ける。
 その日に来たお客さんがひとりだったとしても、店を開けることが復興の
 第一歩ではないでしょうか。


数年前に、

「お酒が提供できなくなったら何を提供しましょうか」
「遊んでいって、元気になって帰ってもらおう。遊びを提供しよう」

と話していたことが今、現実になりつつあります。

 今日もバーテンダーは、ボトルを磨き、扉を開けています。世の中すべての
バーはいま、ただただ皆さんのご無事を祈りながら、心の避難所になりたいと
願っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■────────────────────────────
       その場所で、今日は何をして遊びましょうか。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
___________________________________
                      THE PLACEメールマガジン
                      http://www.bar-place.com
___________________________________
                        登録変更・解除はこちら
                  http://www.bar-place.com/magazine/

・著作権法に関わらず、この内容を転送、引用につきましては黙認しています。
・ただし、本メールマガジンで紹介する情報は、一部の主観を伴う表記を除き
 正確性を重視しておりますが、情報の真偽や変更、更新等について保証する
 ものではありません。
posted by Barmen at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。